FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | EDIT

鶴見神社

2016.08.28(Sun)

いよいよ夏休み最後の週末を迎えて、今朝は肌寒いくらいの陽気でした。

・・・と言いたいところでしたが、川崎市の公立小・中学校は週末前から2学期・・・ではなくて後期の授業が既に始まっていたようです。

自分は小学生の頃から怠惰な性格で、面倒臭いことは何でも後回し。
夏休みの宿題だった絵日記も、最後の週になって、

 その日天気がどうだったか?
(後日まとめて書いたことが)天気から足が付かないか?

なんて小さいことを真剣に心配しながら、40日分まとめて書くクチでした。

そんなわけで、この電脳日記もついついサボりがちとなっています^^;

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

さて、これは昨日のポタの記録。

雲の多い朝。
いつものように落合橋から鶴見川に入って下流に向かいます。
20160827DSC05612.jpg

この日も1097レは運休。
20160827IMG_0939.jpg

これといった目的地はありませんでしたが、鶴見神社に立ち寄りました。
20160827DSC05613.jpg

約1400年前の推古天皇の時代に創建された横浜~川崎間の最古の神社だそうです。
20160827DSC05614.jpg

いくつかの神を祀る境内末社が並んでいて、、、
20160827DSC05615.jpg

一番奥に、ここを訪れた目的の道標がありました。
20160827DSC05617.jpg

先日ポタった寺尾道の起点に建つレプリカのオリジナルです。
20160827DSC05616.jpg

文政11年(1828年)に再建されたとのことだから、200年近く前に造られた石塔であります。
20160827DSC05619.jpg

鶴見神社を後にして、、、
20160827DSC05620.jpg

みなとみらい橋を走る頃にはこの空模様。
20160827DSC05622.jpg

この日のお供はALPS。
ロードに比べるとかなり重量がありますが、走りはしなやかで、軽快と言っても大袈裟ではありません。
20160827DSC05625.jpg

臨港パークで定点撮影する頃には、いよいよポツポツと雨が降り出しました。
20160827DSC05629.jpg

そして帰り道、地元近くの最後の休憩所で自転車を降りると、シューズがペタペタするので見てみれば、、、
20160827DSC05634.jpg

あれま~( ̄□ ̄;)
2003年、ALPSに合わせて購入したSPDシューズ。
実は自転車用のシューズはこれ一足のみ。
すっかり足に馴染んだお気に入りでしたが、とうとう寿命がやってきてしまいました(ノ_・。)
20160827DSC05635.jpg

そんなわけで、日中サガミサイクルに赴いてシューズを調達。

本当ならば、脱着が容易で、ほどけてギヤに絡まったりする心配のないベルクロ留めにしたかったのですが、予算の関係で靴紐タイプに。。。
20160827DSC05638.jpg

値段もかなり安かったので「まあいいや」と思っていましたが、帰宅後にどんなモデルなのかネットで調べてみれば、これが

「快適性と歩きやすさを兼ね備えた女性モデル」だって、、、

ビックリなのだ。
こんなサイズの女性用モデル、普通店頭在庫があるものでしょうか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
※訂正※

私が購入したSH-CT41、女性用モデルというのは誤りでしたm(_ _)m
ネットで参考にしたショップの製品紹介が、メーカーのサイトからコピペ誤りしていた模様です。

SH-CT41には、SH-CW41という双子モデルがあり、こちらが女性用だったようです(;^_^A
今度は、メーカーサイトの以下の製品紹介を参考にしたので間違いないかと^^;

SH-CT41:歩きやすく、気軽なツーリングやカジュアルライドにお勧め
SH-CW41:選べる2カラー。快適性と歩きやすさを兼ね備えた女性用モデル

写真を一見すると両者の違いはカラーだけのようですが、上記製品紹介を見ると、両者はラスト(靴型)が異なるようです。
おそらく女性用のCW41は、女性の足のシルエットに合わせて、CT41に比べて横幅が狭く、厚みも薄いものと思われます。

自分は、リアル店舗で実際に試着してみて履き心地が良かったので決めました。
女の子のように華奢でかわいらしいどころか、むしろ足幅が広い方と自覚しているので、最初女性用と知った時は驚愕でした(笑)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20160827DSC05640.jpg

また、この製品はメーカーが「シマノクリッカー」と呼んでいる、ソールが比較的柔らかいビンディングシューズで、歩きやすさを売りにしているので輪行に向きそうです。

これに合わせるクリートも、マルチリリースタイプのSM-SH56を選びました。

この通りビンディング初心者向きの構成となりましたが、自分は自転車万年初心者なのでこれで良しとします(;^_^A

さあ、このシューズとはこの先何年の付き合いとなるのでしょう。
前のシューズと同じように13年間使い続ければ、次にシューズを買うのは70歳ということになります(笑)

・・・・・・・・・・・
【8/27の走行記録】 (ALPS)

距離
44.59 km 距離

カロリー
493 C カロリー

心拍数
104 bpm 平均心拍数
126 bpm 最大心拍数

タイミング
2:08:43 時間
2:06:52 移動時間
3:03:50 経過時間
20.8 kph 平均速度
21.1 kph 平均移動速度
49.0 kph 最高速度

標高
210 m 高度上昇
215 m 高度下降
-8 m 最低高度
70 m 最高高度

気温
27.9 °C 平均気温
26.0 °C 最低気温
31.0 °C 最高気温

◆2016年の積算距離◆ 958.18 km
スポンサーサイト

高野山真言宗金剛寺(横浜市保土ヶ谷区今井町)

2016.08.14(Sun)

今年は、連休もとらずに淡々と夏を過ごしています。
泊まりで出かける予定もありません。

例年なら、少々仕事が忙しい年でもきっちり連休を取得する、ちっとも勤勉な日本人っぽくない私ですが、今年は6月に脚の故障で1週間休ませてもらったので、夏は基本暦通りに出勤して仕事に勤しむことにしました。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

今朝のポタはいつものルート。
落合橋から鶴見川の左岸に入ります。

大竹橋の先、グラベル区間。
以前はロードでも平気で乗り入れていたのに、いつからかパンク回避のためにパスしていました。
今日は35AタイヤのALPSで繰り出したので、久しぶりに踏み入りました。
20160814DSC00601.jpg

完成形に近づきつつあるキタセンと、生い茂った雑草のせいか、以前とはすっかり違った印象を受けました。
20160814DSC00604.jpg

1097レはまたも現れず。
お盆休みで物流も止まっているのかも。
20160814IMG_0933.jpg

例によって、臨港パークに立ち寄ってから、、、
20160814DSC00606.jpg

二俣川に向けて今井街道を走ります。

今井川に架かる今井橋の傍に遊水池のような施設が出来ています。
20160814DSC00608.jpg

今井川増水時に川の水を逃すものと思われますが、、、
20160814DSC00612.jpg

随分と容積が少なくないかなあ。。。
20160814DSC00610.jpg

さて、今朝のポタの目的地はここ。
20160814DSC00614.jpg

金剛寺にやって来ました。
20160814DSC00616.jpg

ちょうどお盆なので、早朝からご先祖様をお迎えにいらしていたご家族が何組かいらっしゃいました。
20160814DSC00624.jpg

目的はこれ。
今井城址に踏み込む前に、狂犬氏お勧めの住職が書かれた案内板を見てきました。
20160814DSC00620.jpg

ややっ!
20160814DSC00617.jpg

ここでまた鎌倉古道を見つけました!!
20160814DSC00618.jpg

また一つ楽しみが出来ました。
20160814DSC00623.jpg

・・・・・・・・・・・
【8/14の走行記録】 (ALPS)

距離
50.22 km 距離

カロリー
559 C カロリー

心拍数
104 bpm 平均心拍数
123 bpm 最大心拍数

タイミング
2:29:12 時間
2:26:50 移動時間
3:18:01 経過時間
20.2 kph 平均速度
20.5 kph 平均移動速度
45.8 kph 最高速度

標高
267 m 高度上昇
268 m 高度下降
1 m 最低高度
78 m 最高高度

気温
26.2 °C 平均気温
25.0 °C 最低気温
29.0 °C 最高気温

◆2016年の積算距離◆ 913.59 km

川崎道ポタ

2016.08.13(Sat)

前回、寺尾道を紹介しました。
ポタでトレースするために参考にさせていただいたサイトが、こちら↓

大人の自由研究>横浜・鶴見の古道を歩く

このサイトには、寺尾道と並んで川崎道の散策レポートがあります。
川崎道とは聞き慣れないなと思ったら、管理人のhokarida@tcさんが、名無しの古道に名付けた仮称でした。

先日通った寺尾道(現水道道)の鶴見配水池交差点から分岐し、市場東中町へ至る古道で、そこから旧東海道を東へ進めば川崎宿に至ることから、川崎道と称されています。
詳しくは、上記サイトに詳しいので、古道好きの方は是非ご覧いただければと思います。

では早速、今朝のポタの様子を紹介します。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

先ずはルートからご紹介。
菊名駅を起点にしていまして、水道道の鶴見配水池交差点までは先日と全く同じルートです。



先日同様に、菊名駅を出るとすぐに川崎坂(通称、薬缶坂)を登ります。
20160813DSC00564.jpg

この坂を経由して川崎に至ることから名付けられたんですね。
なるほどです。
20160813DSC00567.jpg

水道道の鶴見配水池交差点です。
前回は直進、今回はここから左手に分岐します。
20160813DSC00569.jpg

あっと言う間に迷走!
思わぬ場所で第二京浜に出てきてしまいました。

行きかけの駄賃で、前回渡った響橋(通称、めがね橋)を下から撮影。
20160813DSC00570.jpg

第二京浜と交差してから、諏訪坂町内を迷走。
20160813DSC00571.jpg

ようやく森永橋が見えてきまして一件落着、今回のトレースは失敗であります^^;
20160813DSC00572.jpg

ここから先は、いつものポタルートの1バリエーション。
20160813DSC00574.jpg

終点の熊野神社にとうちゃこ。
超変則十字路の一画にあります。
20160813DSC00576.jpg

今朝のお供は、昨日に続いてBianchiでした。
20160813DSC00577.jpg

一旦ロードに乗っちゃうと、軽くて楽なので、ついついこれに頼っちゃうんですよね(;^_^A

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

夏休み自由研究の古道探索下調べはここまで^^;

ここから先はいつものルートを走ります。

鶴見線河口踏切付近に咲く百日紅(サルスベリ)。
鶴見区の花です。
20160813DSC00580.jpg

いつもの場所へ。
20160813DSC00586.jpg

入港して来たパナマ船籍の自動車運搬船「MORNING COMPOSER」
20160813DSC00587.jpg

臨港パークのこの櫓は何回見たことでしょう。
20160813DSC00592.jpg

みなとみらいでは、明日まで「ピカチュウ大量発生チュウ 2016」開催チュウ!
20160813DSC00593.jpg

あちこちにピカチュウを見かけます。
20160813DSC00594.jpg

スケベ心を起こして、レアポケモンを探しに来てみましたが、、、
20160813DSC00600.jpg

収穫なし。。。
20160813DSC00597.jpg

よく見れば、こんな所に、185系リバイバル踊り子色のはまかいじ送り込み回送、停車チュウ!(;^_^A
20160813DSC00598.jpg

特別レアじゃないけど、まあいいか

・・・・・・・・・・・
【8/13の走行記録】 (Bianchi)

距離
51.06 km 距離

カロリー
599 C カロリー

心拍数
108 bpm 平均心拍数
139 bpm 最大心拍数

タイミング
2:27:05 時間
2:24:35 移動時間
3:01:50 経過時間
20.8 kph 平均速度
21.2 kph 平均移動速度
48.7 kph 最高速度

標高
343 m 高度上昇
348 m 高度下降
?m 最低高度
77 m 最高高度

ケイデンス
55 rpm 平均ケイデンス
219 rpm 最大ケイデンス

気温
26.5 °C 平均気温
25.0 °C 最低気温
28.0 °C 最高気温

◆2016年の積算距離◆ 863.37 km

寺尾道ポタ

2016.08.11(Thu)

今年から施行される新祝日「山の日」を迎えて、ポタも「山」にまつわる場所を目的地にしてお祝いしようと考えました。

そしてもう一つ。

先日紹介した狂犬氏のお城訪問記にあった寺尾城をネットで調べていたら、菊名と鶴見を結ぶ「寺尾道」と呼ばれる古道がかつてあったことを知りました。

自分は「城」よりも「道」の方がいけるクチなので、この古道に興味を惹かれました。

本来なら、早速歩いてみるか!となるところですが、まだ脚の具合が万全ではないので、自転車で道筋を予習することにして、この古道からちょっとだけ足を延ばしたところにある「山」を絡めて今朝自転車で散歩してきました。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

新幹線が開通した当時はこんなだった新横浜駅周辺。
(先日発売されたばかりの季刊誌「横濱」2016年夏号より)
20160811DSC00558.jpg

それが今では、、、

北口は、2019年開通予定の相鉄・東急直通線の新横浜駅工事中。
20160811DSC00520.jpg

一方の篠原口は・・・
20160811DSC00523.jpg

まあ、、、
それはそれで変わってはいます(笑)

この篠原口から横浜線に沿って菊名駅に向かいます。

そして菊名にとうちゃこ。
右手タクシーが止まっている所が、東急東横線菊名駅東口。
20160811DSC00525.jpg

左手、進入禁止の細い道が寺尾道の道筋です。

ここを進むと、すぐに現在の綱島街道と合流。
綱島街道を50~60mも進むと、左手に坂道が分岐します。
これが寺尾道で、この坂は川崎坂(別称、薬缶坂)と呼ばれています。
20160811DSC00526.jpg

坂を登りきると、その先はいかにも古道然とした細いけどしっかりとした道筋を進みます。
ルートを間違えやすいポイントが何箇所かありますが、事前確認済みなので、自分には珍しく無駄な彷徨なく前進します。

馬場三丁目交差点で水道道に合流。

この先の鶴見配水池の「ネギ坊主」は、これまでに何度か紹介させていただきました。
20160811DSC00531.jpg

第二京浜国道(R1)を跨ぐ「めがね橋」こと「響橋」を渡って、、、
20160811DSC00534.jpg

寺尾道の道筋は、橋を渡ると左方面になるのですが、今日は「山」を目指してそのまま水道道を進みます。

そして、目的地にとうちゃこ。
鶴見臨港バスの亀甲山バス停です。
20160811DSC00539.jpg

何でこのバス停にやって来たのか?
20160811DSC00540.jpg

このダイヤに注目!
20160811DSC00536.jpg

凄くないすか^^;

実は「バスが来すぎるバス停」として、珍百景No.1676に登録されています^^;
⇒ナニコレ珍百景

さて、山の日にちなんで「山」にも訪れたので、ここから寺尾道へリカバリます。

途中、みずタイプのポケモンが出てきそうな池を発見。

弁天池
20160811DSC00546.jpg

住宅街に突如現れた池。
社を擁する島もあります。

これも十分に珍百景^^;
20160811DSC00544.jpg

そうそう、紹介が遅れました。
今日のお供は、久しぶりにBianchiであります。
20160811DSC00541.jpg

ここから寺谷を経由して、「レアールつくの」商店街の北側に位置する五叉路へやって来ました。

正面の細い坂道が寺尾道の道筋で、寄り道をしなければ坂の向こう側から下りて来るところ。
20160811DSC00547.jpg

そして、寺尾道の道筋は商店街アーケードへと続きます。
20160811DSC00549.jpg

この通り、今朝は響橋からこの地点まで諏訪坂を通る寺尾道をバイパス(遠回り)しましたが、実は宅地化によって当時の道筋がほとんど消失している区間であります。

さて、アーケードをくぐって、、、
20160811DSC00550.jpg

商店街出口が三角(みかど)ロータリー。
20160811DSC00554.jpg

以前は、ロータリーの真ん中に五角形だか六角形だかの信号がぶら下がっていたと記憶あり。
幼少時に末吉の親戚宅に鶴見駅からバスに乗り度々訪れましたが、車窓から眺める光景の中でここがハイライトでした。

寺尾道の道筋は、そのバス通り(末吉大通り)と交差して進み、、、
20160811DSC00556.jpg

やがてJRに遮られます。
20160811IMG_0905.jpg

線路を迂回して、鶴見川沿いのいつものポタ道を経由して旧東海道に入ります。
20160811IMG_0917.jpg

「鯉ヶ淵公園」横の交差点。
左右に延びるのが旧東海道、正面の道が寺尾道。
20160811IMG_0918.jpg
20160811IMG_0921.jpg

ここが寺尾道の起点(終点)となります。

ここまで寺尾道は、その存在を全く主張していないのですが、ここには立派な石碑がありました。
20160811IMG_0919.jpg

でもこれはレプリカ
20160811IMG_0920.jpg

正式には「寺尾稲荷道」って呼ぶのでしょうか?
でも寺尾稲荷(現在は馬場稲荷)は通らなかったぞ・・・

細かいことはまあいいか(;^_^A

こんなルートになりました↓


・・・・・・・・・・・
【8/11の走行記録】 (Bianchi)

距離
41.81 km 距離

カロリー
557 C カロリー

心拍数
105 bpm 平均心拍数
127 bpm 最大心拍数

タイミング
2:04:21 時間
2:00:17 移動時間
2:49:39 経過時間
20.2 kph 平均速度
20.9 kph 平均移動速度
44.7 kph 最高速度

標高
269 m 高度上昇
277 m 高度下降
?m 最低高度
69 m 最高高度

ケイデンス
56 rpm 平均ケイデンス
235 rpm 最大ケイデンス

気温
28.2 °C 平均気温
27.0 °C 最低気温
29.0 °C 最高気温

◆2016年の積算距離◆ 812.31 km

保土ヶ谷デルタ地帯

2016.08.08(Mon)

これは昨日日曜日のポタの記録です。

7月10日から週末ポタを復活。
一方で、控えていた家呑みも激しく復活させてしまい、先々週末(7/31,8/1)は早速二日酔いでポタ緊急中止と相成りました。。。

昨日は「こんなんじゃいかーん!」と自分に喝を入れて、二日酔いにも関わらずTOEIに乗って家を飛び出しました。
(反省するなら、家呑みを止めるのが先じゃないかと・・・)

夏も正に盛りだというのに、日の出時刻は次第に遅くなってきました。
お盆を前にして、早くも夏の終わりを予感させる早朝の空気に、どことなく寂しさを感じます。

鶴見川のJR橋梁で、1097レ(新鶴見信号所を6時ちょうどに出発する貨物列車)がちょうど定刻で通過する時刻に。
春からゼロロク(=EF66 0番台)の運用がなくなって、すっかり興味を失っていた1097レですが、思わず自転車を停めました。
ところが定刻を過ぎても姿を現さず。
がっかりした腹いせ?にポケモンで遊んでます。
20160807IMG_0880.jpg

いつものようにみなとみらい橋を渡って、、、
20160807DSC00508.jpg

臨港パークへ。
20160807DSC00510.jpg

隣接する国立大ホールでは、早朝から大勢の人が集まっています。
20160807DSC00515.jpg

「これがポケモンGo!に勤しむ大集団ってやつか!」
と思いきや、某アニメのイベントが昼頃から開催される模様でした。
おこぼれにあずかろうと思ったのに、少々残念であります;^_^A

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

さて、この後は軽~く登坂のリハビリルートを走ってきました。
保土ヶ谷から二俣川に通じる今井街道で、「登坂」と言うのが気恥ずかしいくらいの緩々の緩勾配です^^;

途中に一箇所注目しているスポットあり。
20160807DSC00518.jpg

今井城址です。
20160807DSC00519.jpg

横浜新道~保土ヶ谷バイパス~環状2号線に囲まれたデルタ地帯にあります。

以前に前を通りかかった時に、草木の枯れる冬に来てみようと思いつつ、なかなか機会がないまま今日に至る。
アプローチの佇まいを見て、今回もまた見送りを即決です(;^_^A
20160807DSC00516.jpg

ちょっと前に、お城博士の友人「綾瀬の狂犬」氏から、恒例のお城訪問記の長文メールが届いていたことを思い出しました。
相手は狂犬、うっかりしたこと書いて返信すると噛みつかれるので、いつもならば軽く読み流すところ。
ですが、ここは自分の注目スポットだけに、この時ばかりはちゃんと目を通しました^^;

後日訪問時のために、覚書に貼り付けておきます↓

「横浜新道今井IC近くの今井城に行ってみました。
丘陵先端部にある稲荷神社が城址で、城址碑と神社背面に堀切らしき窪地以外に遺構は無いと聞いていましたが、隣接する金剛寺の境内に住職手書きの案内板を発見。
それによると、尾根続きの今井の丘公園も城址みたいなので、1時間近く辺りをうろつきました。
公園は自然地形で遺構は見当たりませんが、解説板の見取図とは地形は一致していて、痩せ尾根や、急峻な斜面(保土ヶ谷は急峻な地形だらけですが)は城を築くのに適した地形でした。
日本城郭大系によれば、今井砦の呼称で稲荷神社周辺のみが城址と成っていますが、発掘調査の結果、大瓶に入った大量の中世の古銭が出土しているので、それなりの規模の城跡なのは間違いないでしょう。

もうひとつ、寺尾城跡にも行ってみました。
こちらの方は、遺構の一部が公園と成っているのですが、この公園と住宅地の民家の庭先にある城址碑以外は宅地化が激しく、全体像は想像もつきませんでした…。
今回、鶴見駅~寺尾城~新子安駅、上星川駅~今井城~二俣川駅を歩いてみましたが、丘陵で地形が複雑で、道路が狭く、普通に階段道路が存在する居住者以外は知らない横浜の別の姿を見た気がします。
急斜面に平気で家を建てるのも他では見られない姿ですよね…」



これに対して
「目の前をよく通るけど、藪こぎの予感がしてスルーしていた」
と返信すると、、、


「稲荷神社への小路は舗装されていて、脇の杉林が日光を妨げるので、藪化する心配は小路入口付近のみです。
神社周辺も竹藪のため、藪こぎの心配は要りません。
ただし、小路横の杉林は池があって、湿地ぽい感じなので(昨日は雨上がりなので、湿地ぽく見えただけかも)、藪蚊の大群による襲撃が予想されます。
盛夏の訪問は、ボコボコにされる可能性大ですね。
金剛寺の山門を入って、直ぐ左に今井城の解説板が立っているので、これだけ見てきたら良いのでは?

横浜東高校の直ぐ北側にある寺尾城跡も行ってみては?
鶴ヶ峰からなら、坂道を沢山登れますよ。

そう言えば、青梅市にも今井城がありましたね。
こっちは完全な平城で、都指定史跡だった気がします」



冬を待って訪れてみるつもりですが、また忘れてしまうかな・・・
その前に、金剛寺山門を入った直ぐ先にあるという解説板だけでも、来週のポタで立ち寄って見てくるかな。

・・・・・・・・・・・
【8/7の走行記録】 (TOEI)

距離
50.58 km 距離

カロリー
674 C カロリー

心拍数
108 bpm 平均心拍数
124 bpm 最大心拍数

タイミング
2:24:09 時間
2:22:35 移動時間
3:05:00 経過時間
21.1 kph 平均速度
21.3 kph 平均移動速度
47.0 kph 最高速度

高度
267 m 高度上昇
269 m 高度下降
0m 最低高度
81 m 最高高度

温度
29.3 °C 平均気温
27.0 °C 最低気温
33.0 °C 最高気温

◆2016年の積算距離◆ 770.50 km

湘南大堤防で坊主を見たり

2016.08.07(Sun)

昨日は久しぶりの釣行です。

昨年8月、城ヶ島へ夜釣りに行こうとしていた当日の日中に車が壊れて、まさかのドタキャンしてから1年経ちました。
20150810DSC01751.jpg

それから、海釣りに行く機会を逸していましたが、ついに夢叶う^^;

種馬氏との友釣りです。
私のモンスターマシン(笑)で繰り出しましたが、種馬氏は助手席でモンスター集めに夢中です。
20160806DSC00489.jpg

江ノ島に着いたのは5時半頃。
20160806DSC00447.jpg

湘南大堤防へ。
20160806DSC00439.jpg

うわあ、広いなあ~
20160806DSC00441.jpg

向かって左側に入ります。
ファミリー向けと称される場所ですが、サビキでやる初心者なのでここが無難なのだ。
20160806DSC00445.jpg

昨日は中潮で、6:30頃に満潮。
満潮を挟んで前後2時間づつくらいが潮が動いて釣果も上がるということですが、どうもさっぱりでした。
20160806DSC00446.jpg

種馬氏、サビキ用の配合エサでは釣れないとみるや、トリック仕掛けにオキアミをつけて始めました。

すると、、、
20160806DSC00448.jpg

なんだフグか・・・

と思っていたら、しばらく経ってから、、、
20160806DSC00463.jpg

小さい石鯛が釣れました。

自分は、サビキ仕掛けを代えてみたり、
20160806DSC00452.jpg

トリック仕掛けを使ってみたりしましたが、、
20160806DSC00484.jpg

当たり一つありません。

こんなのんびりした風景を眺めながら、
20160806DSC00485.jpg

釣りが出来て大いに楽しかったのですが、、
20160806DSC00480.jpg

やっぱ釣りは釣果があってナンボなのだ!

結局、種馬氏はちびっこ石鯛を2匹(+フグ1匹)、自分は坊主。。。orz

もちろん気が済むはずがなく、再戦を申し出たところ、来週も再来週も予定があって来れないんだってさ!

ちくしょー、勝ち逃げなんて許さんぞ(-_-メ)

Category: 釣り| Tag: 湘南大堤防(江ノ島)

15:23 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

トリック

2016.08.04(Thu)

このプラ容器、何に使う道具でしょう?
20160804DSC00433.jpg

答えは、トリックサビキ用のエサ付け器でした。
20160804DSC00437.jpg

魚がサビキにスレたら、こいつの出番です。
20160804DSC00438.jpg

明後日土曜日は久しぶりの釣行。

この季節なので、海に出陣じゃあー!

Category: 釣り| Tag: 釣り道具

21:26 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

'16年横浜旭ジャズまつり

2016.08.03(Wed)

27年目を迎えた割と歴史あるイベントですが、今年から正式名称がちょっとだけ変わりました。
「旭」の前に「横浜」が付いたんです。
20160731DSC00125.jpg

実行委員の方曰く、「旭」の付く地名は「大阪市旭区」を始め日本各地に点在するので、必ずしも
全国的にメジャーとは言えない当イベントが、「横浜市旭区」で開催されることを明示するようにしたとのこと。

名前なんか変えないで、このイベントを全国に知らしめるような大物ジャズマンを集めて欲しい~
なんて、実行委員の方々のご苦労も知らずに暢気に言ってます(笑)

来年は、是非ナベサダを呼んでください!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

そんなわけで、今年も参加しました。
私にとって4年目となります。
20160731DSC00144.jpg

過去3回の天気は、2013年猛暑→2014年土用雨→2015年猛暑ときているので、今年は土用雨の番。
そして筋書き通り、途中大雨に見舞われてずぶ濡れになりました^^;

今年は新橋の住人さんと参戦。
この1~2ヶ月、いっしょに飲むたびに「楽しみだ!」と連発していた元ポタの相棒は直前回避。
2014年の大雨の時も不参加。
危険回避能力が人並み外れて高いのは昔からで、缶蹴りをやっていても誰か1人が捕まるまではどこかでヒッソリと息を潜めているタイプでした(笑)

・・・なーんて半分は冗談でして、直前に右手の掌にメスを入れる手術をしたため、感染症回避のためドクターストップがかかったようです。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、私は15:00開始のプロステージからの参戦です。

トップバッターは外山喜雄とデキシーセインツ。
サッチモ声のバンマスと女性ピアノ&バンジョー奏者はご夫婦だそうです。
20160731DSC00148.jpg

おかしいな・・・・・
以前はディキシーランドなんて聴いていても全然つまらなかったのに、まあ~楽しいこと!

このステージ途中で、大雨に見舞われました。
20160731DSC00150.jpg

午前中の土砂降りをやり過ごして、もう降らないだろうと楽観していた私は、雨具を一切もっておらず濡れネズミ。
ただし、もしかしたらこんなこともあろうかと、雨が上がれば30分位で乾きそうなスポーツウェアを着ていたのでノープロブレムでした。

次に登場したのは今井亮太郎 Groovin’ Brasil。
20160731DSC00164.jpg

チャラさを前面に出しているかのようですが、、、
20160731DSC00251.jpg

奏でる音楽は全然チャラくないですねえ~

今年のゲストは、ハーモニカ奏者の山下伶さんでした。
20160731DSC00182.jpg

やっぱ、チャラいか(笑)
20160731DSC00298.jpg

続けて、谷口英治セクステットが登場。
20160731DSC00286.jpg

クラリネット奏者のエイジと言えば、、、

⇒過去記事『雨々ふれふれ もっとふれ』(2014年8月2日)

やはり!
2年前に出演したエイジキューブ(エイジの3乗)3兄弟の末っ子でした^^;

そして、続くカルメラのステージで、、、
20160731DSC00340.jpg

サーカス現る!
20160731DSC00346.jpg

今でも「アメリカン・フィーリング」を聴くと、透き通る青い空の下、どこかの広い公園で、ウォークマンを腰に着けて音楽を聴きながらローラースケートで流している金髪の女の子の絵が頭に浮かびます^^;

トリは毎年恒例のビッグバンドです。
今年はArrow Jazz Orchestraでした。
20160731DSC00387.jpg

最後のお待ちかねは渡辺真知子さん。
20160731DSC00421.jpg

MCで、今年の秋いよいよレッドカーペットを歩くとか何とか確か言われていましたが、持ち込んだ缶チューハイ&缶ハイボール、それに現地調達したエールビールとこんなおつまみで、、、
20160731DSC00263.jpg

かなり出来上がっていた私は、
「へえ~、渡辺真知子、映画デビューするんだ!」
と、今思えば何だかよくわからない誤解をしていました。

もしかして、今年の秋に結婚します!って話だったのかな?

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

こうして全ステージが終了。
今年もまたいい感じで盛り上がりました!

生で聴くジャズはいいですねえ~
そう言えば、先に入っていた新橋の住人さんが「今年は音の定位がバッチリでいい音だよ」と、私が到着するなり言ってました。

長男に続き、来年は長女も(順調に行けば)就職。
手かせ足かせも減ってきたので、そろそろコンサートホールやジャズバーに繰り出してみようかなんて考えています。

Category: 音楽

22:35 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

赤鬼@横浜

Author:赤鬼@横浜
亥年 獅子座 B型
これといった資格、特技なし
煙草はやめられたのに、食べ過ぎがやめられない(^^ゞ

訪問者数

サブカテゴリ(タグ)


検索フォーム

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。