FC2ブログ

鶴見川、これが本当の0キロ標?

2015.07.29(Wed)

先の土・日曜日。
いや~、またしても暑い週末でしたね!
飽きもせずに、いつもの道を早朝ポタりましたので、簡単に記録しておきます。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

25日(土)

鶴見川左岸の日。

河口までやって来ると、いつもの0キロポストが空いていたので、お供のTOEI号の記念撮影。
DSC01457.jpg

このポストは結構人気がありまして、ウォーキングや散歩途中の方が、この脇でよく柔軟体操を行ったり談笑されたり。
なかなか、この↑アングルでは写真が撮れない、貴重なショットです(笑)

このポストのすぐ傍で見つけた、1円玉大の光る物体。
DSC01459.jpg

よく土地の境界とかに打ち込まれている金属鋲。
これが本当の0キロ地点の標識のようです。
DSC01460.jpg

ふふふ・・・
こういうものに目のない私は、これから河川の起点付近をウロウロすることが増えそうです。
病気か?

臨港パークでは、TBSがビーチバレーの中継準備中でした。
DSC01461.jpg
DSC01466.jpg

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

26日(日)

鶴見川右岸の日。

この日のお供はBianchi号。
前日のTOEI同様に先週シートポストを抜いて洗車したので、家を出てちょっと走った先の同じ場所で、シート高の調整を行いました。

実はこの場所。
自分の出身中学校で、在学中はこの場所に石段があり、上った先が正門でした。
DSC01487.jpg

またしても、スタート直後で時間を食ってしまったため、いつもの貨物列車は、、、
DSC01489.jpg

うっひ~、ギリギリ間に合わず。
まあ、、、牽引機はEF66でも100番台(112号機)だったのでよしとしよう。

臨港パークでは、遠く大桟橋にダイアモンド・プリンセスが見え隠れ、、、
DSC01494.jpg

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

この土・日のポタは、久しぶりに(自分なりには)丁寧にメンテ&クリーニングしたTOEI、Bianchiに乗って、きっと自転車の走りも軽くなっているに違いないと期待していましたが、案に相違して、やたらと脚が重たくてヘトヘトの呈で帰宅。
何でこんなにくたびれているのか?

天気予報では、無駄な外出を控えるようにと呼びかけていますが、この週末は、ポタに散策に野外フェス。
スピーカーの修理に勤しんだ土曜日の夕方を除けば、一日のほとんどを炎天下で過ごしているし。。。

もしかしたら、熱中症の入口に立っていたんでしょうか?
熱中症は体力過信が原因になることがよくあるとのことなので、十分に注意してこの暑い夏を乗り切らなきゃいけませんね。

・・・・・・・・・・・
【7/25の走行記録】 (TOEI)

概要
距離: 53.40 km
タイム: 2:32:02
平均ペース: 2:51 min/km
平均スピード: 21.1 km/h
高度上昇量: 297 m
カロリー: 485 C
平均気温: 28.3 °C

タイミング
タイム: 2:32:02
移動時間: 2:30:11
経過時間: 3:08:23
平均スピード: 21.1 km/h
平均移動速度: 21.3 km/h
最高スピード: 45.4 km/h
平均ペース: 2:51 min/km
平均移動ペース: 2:49 min/km
ベストペース: 1:19 min/km

高度
高度上昇量: 297 m
高度下降量: 299 m
最低高度: -7 m
最高高度: 64 m

心拍
平均心拍: 91 bpm
最高心拍: 119 bpm
平均心拍: 49 最大%
最高心拍: 64 最大%
平均心拍: 1.0 z
最高心拍: 2.4 z

温度
平均気温: 28.3 °C
最低気温: 26.0 °C
最高気温: 34.0 °C

・・・・・・・・・・・
【7/26の走行記録】 (Bianchi)

※Bianchiのスピード/ケイデンスセンサー位置をあれこれ試して、ケイデンスの2重カウント解消!
と思ったら、平均60rpmを割ってるし・・・

概要
距離: 50.73 km
タイム: 2:25:43
平均ペース: 2:52 min/km
平均スピード: 20.9 km/h
高度上昇量: 221 m
カロリー: 465 C
平均気温: 30.0 °C

タイミング
タイム: 2:25:43
移動時間: 2:23:57
経過時間: 2:55:54
平均スピード: 20.9 km/h
平均移動速度: 21.1 km/h
最高スピード: 47.7 km/h
平均ペース: 2:52 min/km
平均移動ペース: 2:50 min/km
ベストペース: 1:15 min/km

高度
高度上昇量: 221 m
高度下降量: 227 m
最低高度: -12 m
最高高度: 57 m

心拍
平均心拍: 91 bpm
最高心拍: 111 bpm
平均心拍: 49 最大%
最高心拍: 60 最大%
平均心拍: 1.0 z
最高心拍: 2.0 z

ケイデンス
平均ケイデンス: 58 rpm
最高ケイデンス: 236 rpm

温度
平均気温: 30.0 °C
最低気温: 27.0 °C
最高気温: 35.0 °C

◆2015年の積算距離◆ 2,528.25km
スポンサーサイト

Category: ポタリング| Tag: TOEIトーエイ | Tag: Bianchiビアンキ

21:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

JBL075のダイヤフラム交換

2015.07.27(Mon)

コイル断線が原因と思われる、2本揃って音が出ないトラブルに見舞われたツィータ。
150723DSC01447.jpg

ネット上の情報を参考に、自分でダイヤフラムを交換することにしました。

金曜日に、南米を流れる大河に新品のダイヤフラムを注文したところ、翌日土曜日に到着。
DSC01478.jpg

欲しいものが、あちこちに出向いて探し回らずとも、翌日手に入る。
便利な世の中になったものです。

ただし、綺麗な花にはトゲがある・・・
Amazonプライムの30日間無料体験を申し込んだところ、案の定? 30日後に解約手続きを忘れて3,900円を徴収されて正式会員になってしまった。
思う壺にはまってしまったじゃないか・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

閑話休題。

土曜日の午後。
新品・互換品のダイヤフラムが到着したので、早速交換してみました。

裏面のステッカーを四隅からカッターナイフを入れて慎重に剥がします。
これが一番慎重を要する作業?!
DSC01469.jpg

現れたマイナスネジを緩め、表側の4本のプラスネジを緩めれば、ダイヤフラムが現れます。

このユニットは、1987~88年頃に製造が終了して既に30年近くが経とうとしています。
ネットで交換事例を見れば、新品で購入したファーストユーザが自分で交換した記事はまずお目にかかれず、中古で手に入れた方の体験記事ばかりです。
そのせいか、開けてみればボロボロになったダイヤフラムが出てきてあれまビックリ!これまでどんだけ乱暴に扱われてきたんだい!
という展開が多いこと。

で、同じく中古品を海外オークションで入手した我が家の075はと言うと、、、
DSC01470.jpg

特に変形等は認められず、綺麗な外見を保っています。
1974年製を表すものと思われるスタンプが押されています。
あ~、もったいないことした・・・
DSC01486.jpg

取り外したダイヤフラムを見ると、片方はわかりやすくコイルが断線していました。
DSC01474.jpg

先人に感謝しながら、ネット情報を参考に作業を進めます。

このJBL2404用の075互換ダイヤフラムは、075純正のダイヤフラムに比べると若干薄いそうで、メンディングテープを貼って調整することで、音質に影響を与えることなく装着できるとのこと。

手持ちの3Mのメンディングテープは幅が足りないので、2枚を丁寧に並べて貼って、、、
DSC01476.jpg

不要箇所をカッターナイフで切り取ります。
DSC01477.jpg

取り付け用の穴は径が足りないので、ハンドドリルを使ってそうっと穴を拡げます。
DSC01479.jpg

あとは、両端子にコイルの先をハンダ付けするだけ。
DSC014801.jpg

直列抵抗を測ってみますと、、、
DSC01482.jpg
DSC01483.jpg

数値が微妙に振れますが、どちらも6.0Ω前後を指しています。

大成功!
DSC01484.jpg

早速、ウーファー+ミッドバスの2wayとなっていたリビングのシステムに繋いで聴いてみれば、、、
DSC01485.jpg

高域の足りないブカブカした音が、シャキッとした艶やかな音に見事に変身しました!(当たり前か)

さてさて、次はいよいよ4way化。
ミッドハイを加えて、カットオフを見直し、ユニット位置を詰めた時にどんな音が出るんでしょうか。
例のホーン架台は、正式に発注をかけて設計図が送られて来ました。

お楽しみはこれからだ

Category: オーディオ

22:13 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

'15旭ジャズ祭り

2015.07.27(Mon)

今年も行って来ました、旭ジャズ祭り!
150726DSC01564.jpg

去年はゲリラ豪雨、今年は今夏お初の猛暑日。
MCの方も言ってましたが、2年続けて苦行のようなお祭りでした^^;
プロステージに合わせて15:00に現地入り。
ステージ正面の一等地はギンギラギンの日向だったため、余裕でスペースが確保できました。
150726DSC01501.jpg

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、今年の目玉の1人がこの人、宇崎竜童さん・・・・・

そうそう、写真はありません。
このステージだけは撮影禁止!
なんでかな?

昔の曲を歌っていました。しかも山口百恵。
大物のオーラを楽しみましたよ。
でも、ジャズフェスにはちょっとアンマッチ?

なんでこんなことをわざわざ書いているかというと、このステージの途中でちょっと面白い事件が発生。

今年はこのフェスに、新橋の住人さん、元ポタの相棒、そして私の3名で参戦。
一昨年と同一メンバーです。

体調を崩してしばらく禁酒しているという新橋の住人さんを尻目に、持ち込んだ酒+現地調達ビール&ウィスキーをグビグビ飲みまくる相棒。
このラス前ステージを迎えて、既にボルテージ最高潮。
おそらくは汗まみれの脱いだシャツを曲に合わせて(合ってなかったけど)、空に向けて放り投げては暴投を繰り返しています(;^_^A

この時、背後からするすると一人の男性が近づいて来ました。
「知ってるよ、好きなんだろ? 行こう、行こう!」
とか言いながら、相棒の手を引っ張って、いきなりステージへと向かって行きます。

この時はてっきり、フェスのスタッフが、一見すると宇崎竜童さんの大ファンに見える相棒をステージに上げるサプライズでもあるのかと思って、ちょっとドキドキしながら事の成り行きを見守っていました。

一昨年は出演メンバーと間違われて声をかけられた相棒が、今年はいよいよオンステージ!

ところが、このスタッフかと思った男性は、相棒を最前まで連れて行くと、一人でこちらに戻ってきました。
なんだ、よく見ればただの観客じゃないか。。。

相棒はとステージ前を見れば、ステージのかぶりつきで腕を振り回して一人でノリノリじゃあないですか!
曲は、宇崎竜童さん歌う山口百恵のバラードです(;^_^A
まるで、場違いなアイドル歌手の追っかけです。
そして1曲終わったところで、我に帰ったのか戻って来ようとしているのですが、酔っ払っているのか場所がわからない様子でフラフラ、キョロキョロ・・・

手を振り回す私に気付いて何とか戻って来たかと思うと、
「宇崎竜童が俺の目を見ながら歌ってくれたよ!」
と、まあうるさいこと(笑)

今にして思えば、目の前でシャツをブンブンと投げられるのが邪魔くさかったので、「一番前で思う存分やってくれ」とお灸?をすえられたのかも知れません。
私にとっては、ステージ以上に面白い一幕でした。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ステージももちろん良かったですよ!
ただ、、、山下洋輔さんや向谷実さんが出演した一昨年に比べると、自分的にはエキサイト度がちょっと足りなかった?

薗田憲一とデキシーキングス
150726DSC01521.jpg

今井亮太グループ
150726DSC01525.jpg

このグループは、フルート奏者の赤羽さんと、ダンサーのKumiさん、Yukaさんの女性メンバーに釘づけになってしまった。
150726DSC01527.jpg

ジョージ・ブレイスの不思議なサックス
150726DSC01535.jpg

スパイシーなチキンとエールビールで、私もすっかり酔っ払ったのだ。
150726DSC01537.jpg

オーラスの、角田健一ビッグバンドをバックに歌ったペギー葉山さんが、一番印象的でした。
150726DSC01554.jpg

勝手な感想を書きましたが、来年も楽しみです。
また疾走感溢れるジャズが聴きたいと切に願っています。

訪れた皆様、スタッフの皆様、そして出演者の皆様、暑い中お疲れさまでした!

Category: 音楽

21:27 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

オーディオ、ちょっとだけ進展(の兆し)

2015.07.23(Thu)

なかなか軌道に乗らない4wayマルチアンプシステムの構築。
4月に、ウーファーのエンクロ上にミッドバスのホーンを浮かせて載せる架台の設計図(マンガ)を描きました。

⇒過去記事『菜種梅雨』(4月12日)

48x48の角材をコの字型に組んだものを大小2点用意し、小さい方でホーンの縁を、大きい方でスロート結合部を支える単純なものです。
この2点の架台をエンクロ上で倒れない構造にするのは、物が出来てから現物合わせで考える作戦です。

後は、木材の加工販売業者を見つけて頼むだけ・・・ってところで、またも足踏み。
溝の加工やホゾ組みを適価でやってくれる業者をネットで探していたのですが、「ここだ」というところが見つからないまま、早や3ヶ月が経ってしまいました。
命短し、急げよ親父!

とり合えずは音が出ているので、音楽そのものは楽しめているのが、なかなか進まない原因かも。
海の日に自転車のクリーニングを行った時も、今の仮システムで、このボックスのCDを次々に再生しながら作業しました♪
150723DSC01456.jpg

自分はこんなスタイルでもそこそこ音楽が楽しめて、世のオーディオファンの方々とは遠くかけ離れた存在なんだろうなあと正直思っています。
そんな私なのに、4wayマルチとか面倒くさいものに手を染めてしまったものです(笑)

で、木材加工販売業者が見つかりました。
「最後までフォローしますよ」との心強いキャッチフレーズに惹かれて見積りを依頼しました。
私の下手糞なマンガと拙い説明でも、作っていただきたいものが的確に伝わって、とても好感を持ちました。

これから正式発注ですが、遅くとも2週間程度で納品される見込みです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こうしてまた進み始めたものの、またしても困ったことが起こりました。

先日仮システムで再生していた時に気付いたのですが、何とツィータが鳴っていないじゃあないですか!
しかも、両チャンネル。。。orz
150723DSC01447.jpg

どうしたものかと、新橋の住人さんに相談したら、「テスターで直列抵抗調べてみたら」とアドバイスあり。

そうだ!
うちには、買ってから一度も使ったことのないテスターがありました(;^_^A
(何のために買ったかも忘れていますが、確かオーディオで使用するためだったかと・・・)

「直列抵抗」の何は知らなくても、テスター棒をスピーカーの端子に接触させて、針が触れなければ断線しているんだくらいのことは、想像できます。(笑)
先に、鉄製のボルトや自分の両手でテスター棒に触れてみて、針が振れることを試してから、いざテスト!
150723DSC01450.jpg

針が、否、数値がピクリとも動きません。
どうやら断線しているようです。。。orz

おそらく、音楽を再生させながら、チャンデバのツィータのカットオフ周波数用のつまみを、ツィータの音量つまみと間違えてグリグリ回した時に、ボイスコイルを断線させてしまったものと思われます。
カットオフ周波数をシャーシ前面のつまみで簡単に変えられるのは便利ですが、酔っ払いには危険過ぎるシロモノであります。

再び新橋の住人さんに、修理にはどの位の費用がかかるのか訊ねてみると、

>純正は\20,000/1枚×2+工賃\10,000ってとこでしょうか。
>互換品なら\3,600円/2枚であるようですが、加工が要るようです。+工賃。
>純正はサウンドハウス、互換品はアマゾンで売ってます。
>※工賃は推定です。
>なお、自分でやればタダです。健闘を祈ります。

との励ましのお言葉を頂戴しました。
知識なくユニットを分解すると、誤って消磁するんじゃないかと(今思えば馬鹿な)心配していましたが、どうやら杞憂だったらしい。

作業の手ほどきをするこんな動画も見つけました。



よっしゃ! 自分でやってみよう!!
もち、\3,600円/2枚の互換品で(;^_^A

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

さて、スピーカーの架台が完成して、ツィータも無事に直ったら、次の課題はパワーアンプです。
(まだ、架台は影も形もないし、ツィータも壊れたままですが・・・)

現在、3台のアンプがラックの上に山積みになっていて、このままではレコードプレーヤーの置き場がありません。
150723DSC01453.jpg

アンプのダウンサイジングを図って、システム一式をラックに美しくかつコンパクトに納めたいところです。
ちなみに、レコードは寝室にあるサブシステムで再生できるので、これがまた進捗が進まない遠因となっています。

案は3つ。

【案1】現在使っている新橋の住人さんから拝借しているデジタルアンプ3台(の基盤)を、なるべく小さい1つのシャーシに集約・収納する。
【案2】なるべく小さいステレオアンプ4台を調達して、ラックに収納する。
【案3】なるべく小さいモノラルアンプ8台を調達して、エンクロージャの上に設置する。

案1は、現在使用しているアンプをそのまま有効活用できます。が、ステレオアンプ1台が別途必要で中途半端感が拭えず、またそれなりに手間がかかります。(手頃なシャーシを見つけてきて、穴を開けたり拡げたり、半田付けしたり・・)
案2は、現在のアンプよりも更にずっと小さい筐体でなければ意味がありません。掌サイズで音が良くて見た目もそれなりのオーディオアンプなんてあるんでしょうか?
案3、、、実はこれを考えています。定評のある某ガレージメーカーのコンパクトなモノラルアンプを考えています。ラックにスペースが出来るのは勿論のこと、スピーカーケーブルも短くて済むので、音にもケーブルの取り回しにもいいことずくめなのですが、何しろ全部で8台ですから、久しぶりで清水の舞台から飛び降りる覚悟が必要です。

そして、ここのところ日々の株価の移り変わりに目を光らせながら、舞台から飛び降りる算段をしているところです。

Category: オーディオ

20:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

富士三景

2015.07.21(Tue)

フジサンケイグループのことではありません^^;

先週末の土曜日から昨日海の日まで、自分は3連休でした。
関東はいつも間にか梅雨が明け、横浜の公立小・中・高校もこの連休から夏休みに入りました。
3連休初日こそ午後から雨模様となりましたが、19~20日はほとんどピーカン、暑かったですねえ~
家にいると、セミの鳴き声が聞こえてきます。
いよいよ、夏本番!

では、19日、20日のポタを記録しておきます。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

19日(日)

土曜日に引き続き、強い南西から吹く風にあおられたポタでした。
鶴見川を下っていると、1年を通じてほぼ、北向きに走る新羽橋付近では向かい風、南(東)向きに走る末吉橋付近では追い風となりますが、前日に引き続いて珍しくも逆向きの風が吹いています。

東の空には前日からの雲が残っていましたが、西側は雲が切れていたので、富士山が気になって何度も振り返りながら走っていました。

鴨池大橋(と富士山遠景)
150719DSC01323.jpg

鴨居~小机間で鶴見川を渡る東電の北浜線(と富士山遠景)
150719DSC01328.jpg

日産スタジアム(と富士山遠景)
150719DSC01331.jpg

日産スタジアムでは、早朝から人が集まって、何かのイベントが開催される模様。
「もしやAKB関連か?」と思いきや、、、
150719DSC01329.jpg

これは何でしょう?(笑)
150719DSC01330.jpg

前日に引き続き、品鶴線の鶴見川橋梁にやって来ました。
150719DSC01335.jpg

いつもの貨物列車を待っていれば、、、
150719DSC01351.jpg

ゼロロク来るも、つまらんアングルだったか。。。orz

輪行パークでは、ルアーを投げている釣り人が数人。
でも、ここで釣れてる人、見たことないんだよなあ・・・
150719DSC01359.jpg

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

20日(月)海の日

久しぶりにTOEIに乗って戦車道路を走ってきました。

いつもの東展望広場に到着して、ちょうどラジオ体操を行っている方々の隣りにお邪魔して写真を撮ろうとすれば、液晶画面に見慣れない表示がピコピコ点滅。

NO CARD

しまった、メモリーカードを入れ忘れていた。。。
前に使っていた機種は、同じサイバーショットでも本体にメモリーが搭載されていていくつかの画像は保存できましたが、RX100は一つも保存できません。
10ショットくらいでも保存できれば、全然使い勝手が違うのに・・・

こんなんで、昨日の写真はiPhoneで撮ったこの1枚だけであります。(毎度の被写体)
150720IMG_1083.jpg

この先、緑道が小泉家屋敷に通ずる直進方向から、多摩美方面に向かって左に分岐する付近。

道の真ん中にワラワラと生えている草薮を横切るために、一旦降りて自転車を押せばいいものの乗ったまま突破を試みたところ、草がハブやギアに絡まってあえなくストップ。あやうくこけるところでした。

降りて、絡みついた草を外しましたが、後輪にまだ軽い抵抗を感じます。
ただ、走るのに大きな支障もなかったので、そのまま走って帰宅しました。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

帰宅してからは、久しぶりに自転車のお手入れです。
土曜日の午後やるつもりでしたが、まさかの雨に見舞われて順延していました。

TOEIは、いつものようにざっと洗車して済まそうと思ったら、スプロケットの中に何やら影が見えます。
何かとよく見れば、この日のポタで絡まった枯れ草がスプロケットの内側でのた打ち回っていました。
このままでは手も入らないので、仕方なくスプロケを外します。
150720DSC01440.jpg

凄い。
藪に踏み込んだだけで、こんなことになっちゃうんですね!

久々にバラして洗浄して、ピッカピカ!

ついでに、六角レンチで泥除けステイを止めるダルマネジを、以前調達して出番を待っていたD環のダルマネジにこの機会に交換しましたが、、、
150720DSC01442.jpg

ネジ先が長過ぎてスプロケに接触するので、元のダルマネジに戻しました。
「何でD環付きにしなかったんだろう?」と、この自転車の製作を依頼したショップに対して軽い不満を感じていましたが、それぞれ理由があってパーツを選択しているんですね。(当たり前か)

TOEIが片付くと、更にドロドロのBianchiも続けて洗車。
150720DSC01445.jpg

この後、両車のチェーンをピッカピカに洗ったり、ブルックスのサドルにオイルを塗ったり、各所に注油したり、ワイヤー類の調整を行ったりして、自転車2台のクリーニングに半日つぶしてしまいました。

ようやく終わってからも、配偶者は仕事だったもんで、買い物行ったり夕飯の準備をしたりで、あっという間に夜になりました。

でもこれでまた来週末のポタが楽しみです。
ちょっとは走りも軽くなっているんじゃないかなあ!

※Bianchiの計測ケイデンスが変なので、センサー位置をマグネットから遠ざけてみたが、やはりNG。
マグネットが1度通過する度に、2回カウントしている模様。
最近入れ替えたネオジム磁石の磁力が強すぎるのが原因らしい。
・・・・・・・・・・・
【7/19の走行記録】 (Bianchi)

概要
距離: 50.08 km
タイム: 2:14:34
平均ペース: 2:41 min/km
平均スピード: 22.3 km/h
高度上昇量: 263 m
カロリー: 642 C
平均気温: 28.5 °C

タイミング
タイム: 2:14:34
移動時間: 2:12:37
経過時間: 2:52:49
平均スピード: 22.3 km/h
平均移動速度: 22.7 km/h
最高スピード: 47.4 km/h
平均ペース: 2:41 min/km
平均移動ペース: 2:39 min/km
ベストペース: 1:16 min/km

高度
高度上昇量: 263 m
高度下降量: 270 m
最低高度: -3 m
最高高度: 75 m

心拍
平均心拍: 108 bpm
最高心拍: 144 bpm
平均心拍: 58 最大%
最高心拍: 78 最大%
平均心拍: 1.8 z
最高心拍: 3.8 z

ケイデンス
平均ケイデンス: 113 rpm
最高ケイデンス: 185 rpm

温度
平均気温: 28.5 °C
最低気温: 26.0 °C
最高気温: 33.0 °C

・・・・・・・・・・・
【7/20の走行記録】 (TOEI)

概要
距離: 60.03 km
タイム: 2:46:43
平均ペース: 2:47 min/km
平均スピード: 21.6 km/h
高度上昇量: 380 m
カロリー: 714 C
平均気温: 29.5 °C

タイミング
タイム: 2:46:43
移動時間: 2:45:13
経過時間: 3:05:32
平均スピード: 21.6 km/h
平均移動速度: 21.8 km/h
最高スピード: 47.8 km/h
平均ペース: 2:47 min/km
平均移動ペース: 2:45 min/km
ベストペース: 1:15 min/km

高度
高度上昇量: 380 m
高度下降量: 389 m
最低高度: 14 m
最高高度: 166 m

心拍
平均心拍: 110 bpm
最高心拍: 135 bpm
平均心拍: 59 最大%
最高心拍: 73 最大%
平均心拍: 1.9 z
最高心拍: 3.3 z

温度
平均気温: 29.5 °C
最低気温: 27.0 °C
最高気温: 35.0 °C

◆2015年の積算距離◆ 2,424.12km

・・・と思ったんですが(;^_^A

2015.07.18(Sat)

家にいる時間に「あること」をやろうと思い立ち、時間を捻出するためにいよいよブログを止めようと決めたのが昨夜のこと。
幼い頃から何をやっても続かない子でしたが、このブログだけはどういうわけだか書き続けてきました。
ところが、今度はブログ休止の決心が一晩しか続かず、相変わらず継続することの苦手な本領を発揮です^^;

今朝、いつものようにポタに出るために起きた時、
「面倒くさい」
と、最近ではよっぽど疲れていなければ感じなかった感覚に囚われました。

この瞬間、ブログを止めたら、きっと毎週末のポタも、平日のローラーも、ダイエットも続かなくなると確信。
「あること」と、今の自転車生活や健康管理とどちらが大事か考えてみれば、どう考えても後者であることに気付きました。

こんなわけで、気を取り直してまた駄文を綴っていこうと思います。
それにしても・・・
止めるとか止めないとか、お騒がせタレントみたいで恰好悪いったら・・・トホホ

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

で、今朝のポタ。

いつもの貨物列車を牽引するEF66を撮るために、いつのも品鶴線鶴見川橋梁にやって来ました。
今朝は左岸に陣取ります。
DSC01256.jpg

定時を過ぎても待ち人来たらず。
3連休で今日は1097レも運休かと思ったその瞬間、、、
DSC01286.jpg

慌ててカメラを構えてみれば、牽引するのは桃太郎でした。
おいおい、順番間違えてない?
DSC01300.jpg

いつもの臨港パーク。

ノースピアには、今朝もプロダクトタンカーが接岸しています。
DSC01317.jpg

園内にはビーチバレーの会場が設営されていました。
DSC01314.jpg

今月末まで、ここでFIVBビーチバレーボールグランドスラム2015横浜大会が開催されるとのこと。
日本初開催だそうです。
DSC013181.jpg

今朝は権太坂を経由して帰宅しました。
道中強風に煽られっぱなしだったせいか、この時既に脚が売り切れ。
久しぶりで自転車を降りたくなりました。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

帰宅してからは、現在の自分の最重要ミッション。
しばらく放置して荒れ放題となっていた庭木の手入れに勤しみました。

一段落したところで、みっともないからいつまでも「止めます」記事を掲載しておけないと、かなり慌ててこの撤回記事を書いています(;^_^A

午後は、庭木と同じく手入れを怠っていた自転車の洗車を行おうっと。

※平均ケイデンスが112rpm?!
 またしてもGPS(センサー)が不調・・・orz
・・・・・・・・・・・
【7/18の走行記録】 (Bianchi)

概要
距離: 53.28 km
タイム: 2:34:14
平均ペース: 2:54 min/km
平均スピード: 20.7 km/h
高度上昇量: 357 m
カロリー: 638 C
平均気温: 28.6 °C

タイミング
タイム: 2:34:14
移動時間: 2:32:07
経過時間: 3:15:07
平均スピード: 20.7 km/h
平均移動速度: 21.0 km/h
最高スピード: 46.8 km/h
平均ペース: 2:54 min/km
平均移動ペース: 2:51 min/km
ベストペース: 1:17 min/km

高度
高度上昇量: 357 m
高度下降量: 355 m
最低高度: 0 m
最高高度: 77 m

心拍
平均心拍: 103 bpm
最高心拍: 128 bpm
平均心拍: 56 最大%
最高心拍: 69 最大%
平均心拍: 1.6 z
最高心拍: 2.9 z

ケイデンス
平均ケイデンス: 112 rpm
最高ケイデンス: 205 rpm

温度
平均気温: 28.6 °C
最低気温: 26.0 °C
最高気温: 37.0 °C

◆2015年の積算距離◆ 2,314.01km

Category: ポタリング| Tag: Bianchiビアンキ

12:37 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

突然ですが。。。

2015.07.17(Fri)

ブログを書き始めて10年が経ちました。
これまで読んでいただいた方には、本当に感謝しています。

書き始めた頃はちびっ子だった子供たちも、今では大人の入口に立っています。
うーん、世代が替わろうとしていますね!

自分も、次のステップに移ろうと思います。
これまで読んでいただいた皆様には本当に感謝であります!m(_ _)m

では、また!

Category: 未分類

20:01 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

六浦道~野島

2015.07.16(Thu)

六浦道とは、鎌倉から朝比奈の切り通しを経由して六浦津(現在の金沢八景駅付近)までを結ぶ鎌倉時代の古道で、後年江戸時代になって鎌倉道あるいは金沢道と呼ばれるようになりました。
その後所々道筋が変わって、現在では県道204号金沢鎌倉線+環状4号線となり、一般に「金沢街道」と呼ばれています。

以前に朝比奈の切り通しを訪れた時は、この古道をトレースするという意識があまりなくて、鎌倉から朝比奈切り通しまで歩いてから、バスで金沢八景駅へと移動しました。

今回は、以前にバスで移動した朝比奈から金沢八景駅までを歩き、この時との合わせ技で六浦道を一気通貫します。
また、これまで歩いてきた金沢道と合わせると、鎌倉道の下道を鎌倉から保土ヶ谷の金沢横町まで歩いたことになります。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

神奈中船08系統のバスに乗って、朝比奈バス停で降車します。
DSC01038.jpg

前回歩いた道をちょっとだけ遡って、横横橋梁近くの朝比奈切り通しの案内と、
DSC01043.jpg

庚申塔群を再見してから、Uターンして金沢八景に向かって歩き出しました。
DSC01044.jpg

古道は、先ほどバスに乗ってきた環4と交差して、坂を下っていきます。
DSC01049.jpg

左手の山の中腹に常林寺が見え隠れ。
DSC01051.jpg

古道の雰囲気をちょっとだけ残す旧道はあっという間に終わって、先ほどの環4に合流。
しばらくは、古道を拡張して整備された環4に沿って歩いていきます。

コンビニの駐車場で、杉浦太陽さんを(多分)乗せた車を発見!
DSC01054.jpg

向かって左側に現れる鼻欠地蔵。
DSC01055.jpg

崖の法面に彫られたお地蔵さんで、かつてはこの地の名勝の一つだったようです。
鼻が欠けていることからこの名で呼ばれたそうですが、今では全体の輪郭も薄れています。
DSC01057.jpg

すぐ先の大道界隈でお祭りの山車に遭遇。
DSC01059.jpg

この日は、行く先々で神輿を見たり、祭りの囃子が聞こえてきました。
雨で順延となっていた各地のお祭りが、久しぶりに好天に恵まれたこの日一斉に行われたものと思われます。

侍従川を渡る六浦二号橋の手前を、古道は右に通じていました。
DSC01065.jpg

「古道は川を渡らない」の法則と思いきや、ほんの20~30m先、諏訪之橋で侍従川を渡ります。
おそらくこの場所の方が橋が架けやすかったのでしょう。
DSC01066.jpg

しばらく進むと、県道305号金沢逗子線にぶつかる。
六浦道はここを左折する道筋で、進むと間もなく西六浦交差点でまたも環4に合流。
DSC01070.jpg

またしても環4を東に進み、上行寺の手前を古道の道筋は右に分岐。
DSC01073.jpg

上行寺の辺りは、六浦津と言われたかつての船着き場だったとのこと。
まあ随分と派手に埋め立てちゃったんですねえ~

このお寺の東側で、以前マンション建設の折に上行寺東遺跡が発掘されました。
貴重なやぐらや遺構が発見されて、歴史学者や市民団体によって保存が訴えられたが、横浜市は保存に尻込みし、結局マンション建設が強行され遺跡は破壊されてしまいました。
お慰みで一部が「レプリカ」で残されたそうですが、誰がそんなもの見に行くかい!

環4から右手に分岐した古道は、すぐ先、京急のガード下で合流。
DSC01076.jpg

六浦道は現在の京急のガードを潜ると左に曲がり、現在のR16に沿って進みます。
DSC01124.jpg

左手のちょっとした高台に、泥牛庵(臨済宗円覚寺派の禅寺)があります。
泥亀とか泥牛とか、さすがは元干潟の地。
DSC01129.jpg

このガードの先に、六浦藩主米倉侯の陣屋があったとのこと。
20150712DSC01131a.jpg

間もなく、工事中の金沢八景駅に到着。
20150712DSC01132a.jpg

これにて六浦道の散策終了。
DSC01133.jpg

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ここからは自由行動です(笑)

瀬戸神社前を通って、
DSC01137.jpg

以前は海峡を渡るベイブリッジだった瀬戸橋を渡ります。
中世まで、ここから金沢文庫方面には広大な瀬戸入海が広がっていて、瀬戸と洲崎の間のこの場所は海峡だったなんて、この景色からどうすれば想像できるのでしょう?
DSC01141.jpg

瀬戸橋~洲崎~野島の位置関係を把握するのに、広重の浮世絵を借用 m(_ _)m
DSC00905.jpg

洲崎から野島に向かいます。

これは野島に架かる3橋のうちの一つ、帰帆橋付近からのショット。
DSC01146.jpg

野島橋を渡って野島に渡ります。
DSC01151.jpg

ところで、横浜市に本社を構えるデジタル家電専門店の「ノジマ」を私もよく利用します。
このノジマ、創設時には「野島電気工業社」を名乗っていたそうですが、ここの「野島」とは関係なく、創業者の苗字に由来するそうです。

ああ、またも役に立たないことに時間を使ってしまった。

気を取り直して、、、

野島に渡ると、まっすぐ住宅街を進みます。
住宅街を抜けるとグラウンドがあり、その先に緑に覆われた小高い山が現れます。
この緑の山を除いた平らな場所は、ほとんどが人工の埋立地。
DSC01156.jpg

この山は、どてっぱらに大きなトンネルが掘られていて、戦時中に戦闘機を格納するための掩体壕(えんたいごう)と呼ばれる施設が作られたとのこと。
山の周りの周遊路を行けば、この掩体壕の入口が見れたようですが、この時は存在を知らず。
夏島方面は、この掩体壕と追浜飛行場の間を戦闘機を移動させるために、かつては埋め立てられて地続きとなっていたそうです。
横浜市が公開しているこちらの昭和25年当時の地図では、トンネルや地続きとなっていた当時の様子が覗えます。
⇒横浜市三千分一地形図(昭和初期)第六十二号「野島」

滅茶苦茶暑かったのですが、ここまで来たからには、標高57mの野島山の山頂を目指します。

汗をダラダラ流しながら、山頂に辿りつきました。
戦時中はB29を打ち落とすために高射砲が設置されたという場所に、今は展望台があります。
DSC01164.jpg

所々樹木が邪魔するも、いい景観でーす!
DSC0115901.jpg

野島山から下りてくると、伊藤博文の別荘跡を見てから、
DSC01169.jpg

野島公園の縁を歩いて、、、
DSC01171.jpg

海沿いに野島橋まで戻ってきました。
DSC01175.jpg

この後称名寺まで足を伸ばす予定でしたが、あまりの暑さに観念して、シーサイドラインの野島公園駅に吸い込まれました。
DSC011801.jpg

子供たちを連れて潮干狩りに来た時以来の乗車です。
DSC01190.jpg

スタート地点の八景に戻るのもつまらないので、反対側の終点新杉田までシーサイドラインの車窓を楽しんで、、、
DSC01228.jpg

杉田プロムナードを歩いて、京急の杉田駅へ。
DSC01242.jpg

駅ビル内の「とよ」で昼食を食べてから帰宅しました。

「とよ」はこの日で2度目の来店。
ラーメンと半チャーハンのセットをいただきましたが、期待通り旨かった~
すっかりこの大衆食堂のファンになってしまったのだ。

そして金沢八景。

これまで、特別興味ある場所ではありませんでしたが、かつての景勝を知ったもんだから、自然の景観を人の手で壊してしまった事例の代表として自分の心に刻まれました。
今でも原風景が残っている日本各所の土地土地。
金沢八景の変わりっぷりを反面教師として、是非その景観を大切に後年まで残すことを考えなければいけないと思います。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

えらい長文となってしまいました。
ここまで目を通していただいた方には、本当に感謝感激であります m(_ _)m

あの亀の行く末は?

2015.07.12(Sun)

今朝のポタの記録です。

先日前輪のタイヤがパンクして、チューブ交換したばかりのALPSで出動。

朝からこの好天。
DSC01028.jpg

半袖ジャージで程よく汗をかく、これぞまさに自転車日和。
日中まさかあれほど暑くなるとは思いませんでしたが・・・

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

例によって、臨港パークで休んでいると、ネットを持った釣り人が柵沿いを歩きながら何かを探しています。

そしてちょうど私の目の前で見つけたらしく、ネットですくいあげました。
DSC01030.jpg

何だろうと、思わずズームアップして写真を撮ってみれば、、、
DSC01031.jpg

亀のようです。

どうやら、干潮で現れたこの場所にいたらしい。
DSC01033.jpg

あの亀、どうするんだろう?

・・・・・・・・・・・
【7/12の走行記録】 (ALPS)

概要
距離: 50.02 km
タイム: 2:19:59
平均ペース: 2:48 min/km
平均スピード: 21.4 km/h
高度上昇量: 215 m
カロリー: 589 C
平均気温: 26.1 °C

タイミング
タイム: 2:19:59
移動時間: 2:18:39
経過時間: 2:45:26
平均スピード: 21.4 km/h
平均移動速度: 21.6 km/h
最高スピード: 43.0 km/h
平均ペース: 2:48 min/km
平均移動ペース: 2:46 min/km
ベストペース: 1:24 min/km

高度
高度上昇量: 215 m
高度下降量: 226 m
最低高度: -16 m
最高高度: 57 m

心拍
平均心拍: 103 bpm
最高心拍: 132 bpm
平均心拍: 56 最大%
最高心拍: 71 最大%
平均心拍: 1.6 z
最高心拍: 3.2 z

温度
平均気温: 26.1 °C
最低気温: 24.0 °C
最高気温: 34.0 °C

◆2015年の積算距離◆ 2,260.73km

Category: ポタリング| Tag: ALPSアルプス

22:22 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

赤鬼@横浜

Author:赤鬼@横浜
亥年 獅子座 B型
これといった資格、特技なし
煙草はやめられたのに、食べ過ぎがやめられない(^^ゞ

訪問者数

サブカテゴリ(タグ)


検索フォーム

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
↑