FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | EDIT

春が来た!

2015.02.28(Sat)



河津桜が満開です!
スポンサーサイト

Category: なう

13:31 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

保土ヶ谷公園の梅観賞ウィーク

2015.02.25(Wed)

先日の日曜日。
朝から降っていた雨が上がった頃を見計らって、保土ヶ谷区の県立保土ヶ谷公園を観梅に訪れました。
DSC06755.jpg

約120本の梅が植わる同公園では、
DSC06792.jpg

2月8日から「梅鑑賞ウィーク」が始まっていて、この日が最終日。
DSC06788.jpg

見頃も過ぎたと思いきや・・・
DSC06758.jpg

これって、まだ見頃前じゃね?
DSC06760.jpg

でも、早咲きの品種なんでしょうか?
既に満開で綺麗に咲きそろった木もありました。
DSC06761.jpg

メジロが、まるで蜂のように、花から花へと飛び移って蜜を吸っています。
DSC06775.jpg

どうやら、今年はどこも開花が遅いようですね。
今年の梅はこれからが見頃のようです。
DSC06782.jpg

さーて、今週末は桜を見に行くぞ~

Edge500コース機能の使い方覚書

2015.02.23(Mon)

その後、試行錯誤しているうちに何とか出来ました(汗)

【準備の巻】
1.ルートラボでコース作成
2.保存したルートをGPX形式でPCにダウンロード
3.GPSies.comサイト(convertタブ)でGPXファイルを「Garmin Cource TCX」に変換
4.Edge500をPCに接続
5.Edge500のGarmin>New FileフォルダにTCXファイルをコピー
6.次にEdge500を起動した時には、あ~ら不思議、データがCourseフォルダに移動していて、コース機能が使えます。

金曜日の夜も、酒飲みながらネットを検索しまくって、この手順に到達したようです(笑)
あれこれやっているうちに、見覚えのあるサイトが出てきたりして思い出しました。
ブログで情報提供されている方々には、本当に感謝でありますm(_ _)m

なお、ガーミントレーニングセンターを使った方法を解説されているブログが多々ありましたが、自分は当アプリを使っていないので、ちょっと遠回りになってしまいました。

【実走の巻】
1.Edge500起動
2.メニューより、Training>Courses>使うコースを選択
3.Do Courseを選択(Processingの表示が消えるまで指をくわえて待つべし)
4.ナビ画面が表示されたら、スタートボタンを押してナビ開始。

ナビ画面を表示していると、自分がいつも表示させている、速度、距離、時刻の表示ができません。
なので、一つ間違えると取り返しがつかなくなるような場所を走る時でもなければ、いつもの画面を表示しておいて、コースアウトは軽~く音で検知するように使ってみようと思います。

それに、予め設定したルートを逐一辿っていくようなポタは、きっとつまらないと思われ。
ポタはアバウトに行きましょう!

巨福呂坂切り通し~腹切りやぐら〜祇園山

2015.02.23(Mon)

これは、予報に反していつも通り寒かった、先日土曜日の散策の記録です。

鎌倉七口歩きも、いよいよラス前、今回は巨福呂坂(こぶくろざか)切り通しの巻。


先の建国記念日に、現在の巨福呂坂(県道21号横浜鎌倉線)を自転車で走ったことをここに書きました。
2月14日撮影↓
DSC06073.jpg

しかし、この道筋は後年開削されたもので、この西側にある小道が鎌倉時代当時に開削された道。
当時の道筋ははっきりわかっていないようで、鶴岡八幡宮の車祓所の辺り、r21から分岐するこの道が往年のルートだそうです。
DSC06626.jpg

特に巨福呂坂の切り通しであることを示す案内板もなく、歩く人もこの時皆無。
目と鼻の先の小町通りの喧騒っぷりとはえらく対照的です。

緩い坂道を登っていきますと、送水管路の隧道入口が現れます。
DSC06617.jpg

が、工事の車や機材に阻まれて残念な姿。
DSC06618.jpg

r21の巨福呂坂の山之内側に、隧道の反対の口が開いています。(一番上の写真)

左手に青梅聖天への入口がありましたが、石段の見た目に圧倒されて、目を瞑って通過しました。
DSC06619.jpg

これが古道の証になるのでしょうか。
石段の袂に並べられた庚申塔群です。
DSC06621.jpg

やがて、道は私有地に突き当たり進行不能に。
DSC06623.jpg

往年は、この先、現在の切り通しとその上空部で交差し、建長寺の山門付近へと繋がっていたそうです。
この辺りの様子はネットで下調べをしていましたが、それでもかなり残念な現状に、ちょっとテンションが下がりました。

ポタでも散策でも、来た道を引き返すのが嫌いな性分ですが、ここは仕方ありません。
戻って、鶴岡八幡宮へ。
DSC06627.jpg

ポタで訪れた時にフォーカス漏れした大銀杏を観察。
DSC06628.jpg

同じ根っこから若木が育っています。
DSC06634.jpg

植物って凄い!
最近、休みの度に出歩いていて、ちゃんと手入れをしてあげていない我が家の不憫な草木を思い出しました。

境内の舞殿に人が集まっています。
祈祷中かなと思ったら、、、
DSC06637.jpg

結婚式!

源平池の前は、お弁当を広げた方で一杯。
DSC06640.jpg

家を出たのが遅くて、もうお昼時。
お目当てのランチを求めて、東側の鳥居をくぐって境内を出ると、目の前に畠山重忠の屋敷跡があります。
DSC06643.jpg

金沢街道沿いに数分歩いて、目的地にとうちゃこ。
DSC06645.jpg

昼食をいただいてからは、先ずは宝戒寺で梅観賞。
まだ、ちょっと早い感じですね
DSC06653.jpg

のんびりした後は、この日の第二のメインイベント、祇園山ハイキングです。
滑川にかかるアーチ橋。
DSC06667.jpg

東勝寺橋。
DSC06675.jpg

この先には、鎌倉最恐!最怖!と呼び声の高い場所があります。
鎌倉幕府終焉の地とされる東勝寺跡と腹切りやぐらです。

先日、観梅に宝戒寺を訪れたというじみーぺい爺氏は、この橋を渡った時から空気が変わったと言ってました。
DSC06676.jpg
DSC06677.jpg
DSC06680.jpg

橋を渡ります。
左側に東勝寺跡の更地が現れても、右側はまだ宅地で、霊感のない自分には空気の違いは感じられず。
DSC06682.jpg

ここは、新田義貞の討幕軍に対して、北条高時一族870名が立て篭もり、最後は火をかけて自刃した場所。
ちなみに、この地で死んだ北条一族を弔うために、後醍醐天皇の命により足利尊氏が建立したのが、先の宝戒寺だそうです。
DSC06684.jpg

そして、いよいよハイキングコースの入口です。
DSC06685.jpg

気が付けば、もともと雲の多い空模様でしたが、この時空は雲に覆われて青空が姿を消していました。
そして山間から聞こえてくる、絶え間ないカラスの鳴き声。
まるで芝居でも見ているかのように、舞台背景が整ってくるじゃあないですか。

ここで初めて軽い抵抗感を感じましたが、気を取り直してコースに入ります。
入るとすぐ、警告の道標が。
DSC06686.jpg

「参拝・供養です!参拝・供養です!参拝・供養です!」と頭の中で繰り返しながらアプローチ。
DSC06687.jpg

来ました・・・
DSC06688.jpg

手を合わせてから中へ。
DSC06689.jpg

やはり霊感がないんでしょう。
特別感じるものはなかったものの、頭上で鳴きまくるカラスは相当気味悪かったです。

ここからは起伏が激しいハイキングコースを、汗をかきながら上り下りします。

そして祇園山山頂にとうちゃこ。
DSC06702.jpg

綺麗な海が眼前に広がります。
DSC06700.jpg

ここまで来ると、コースの終点はもうまもなく。
あとは坂を下るだけ・・・
膝痛持ちには下りの方がつらかったりしますが・・・

ここで、この日もリスと遭遇。
DSC06707.jpg

鎌倉を歩いていると、100%リスに出会っているような。
そして、100%お食事中のような。

間もなく八雲神社のすぐ脇に。
DSC06709.jpg

ここがハイキングの終点です。
DSC06711.jpg

ここからは、滑川の支流、逆川にかかる逆川橋へ。
鎌倉十橋の一つ。
DSC06714.jpg

なるほど、海から山方面へと流れています。
DSC06716.jpg

散策の最後は、エスプレッソとスイーツ。
DSC06724.jpg

だんだんと食べるものが小洒落てきた?
DSC06733.jpg

ここからは鎌倉駅に戻って、横須賀線で帰りました。
距離は短いけれど、アップダウンがあって結構疲れた散策でした。

さあ、これでいよいよ残りは名越です。

Category: 散歩・ウォーキング| Tag: 鎌倉市

20:28 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

鎌倉街道上道の下調べポタ(俣野~飯田~瀬谷)

2015.02.22(Sun)

今朝目が覚めて、窓を開けて気になっていた空模様を窺うと、、、雨!

(⌒~⌒)ニンマリ

ポタに行かない理由が出来た・・・
体調悪し。昨晩もつ焼きを食べ過ぎたせいか、お腹の中に粘土が入っているかのよう。
まあ、たまにはこんな日もあるか・・・

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

で、これは昨日のポタの模様です。

前から気になっていた大船は田谷の洞窟を訪れ、俣野~飯田~瀬谷と鎌倉街道上道を意識して北上するルートです。

俣野近辺一帯の、戸塚区と鎌倉市、藤沢市が接する近辺は、私にとって空白の地。
いつか鎌倉道を歩こうと思い立った時のために、土地勘を付けておこうと思い立ちました。

空白の地を、流浪の民となって彷徨わないように、GPSのコース機能を始めて使ってみました。
予め作成してダウンロードしたルートに従ってナビゲーションする機能が、愛用のEDGE500にもあります。

結論から申しますと、これが結構使えました。
事前登録したルートが線で、自車が▲で表示されます。
DSC06548.jpg

誤ってルートから外れた道を進むと、「Off Course」の表示とともに、、、
DSC06570.jpg

  「ぼくの人生が ふたつに分かれてる♪」

と曲が流れて、分岐の選択を間違えたことを教えてくれます。(嘘)

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

例によりまして、以下写真で流して、手抜きの備忘録とさせていただきます。

最初の目的地は田谷の洞窟。
DSC06536.jpg

まだ夜明け前で暗い時刻。
DSC06529.jpg

境内にお邪魔して、
DSC06531.jpg

背中を冷たいものが走るも、肝試しのように洞窟の入口を見てきました。
DSC06533.jpg

西に向かって、次のチェックポイントにしたのはここ。
DSC06544.jpg

早朝開門前で、ここも入口の記念撮影?のみ。
DSC06545.jpg

道路を挟んで、公園の反対側にそびえるは、、、
DSC06540.jpg

小雀浄水場。
DSC06543.jpg

この辺りの地名、「コガラ」ではなく「コスズメ」と呼ぶようです。

ここからは、原宿から藤沢方面への抜け道と友人から聞いていた、畑の真ん中の道をのんびりと進みます。
DSC06546.jpg

どんな道かと、遠回りして選んだ道ですが、これが罠だった・・・

影取町へ入って行く細道でいきなり現れた劇坂。
(坂の上から撮りました)
DSC06551.jpg

ごくごく短い坂なのですが、前輪が時々浮き上がる急勾配。
辛いと言うよりも怖かった。

この坂のすぐ先に、藤沢バイパスとR1旧道との分岐点「藤沢バイパス出口」交差点があります。
R1を渡って北西に進みますが、最初の信号の傍らで見つけました。
DSC06557.jpg

しばらく、境川を左手に見ながら、丘の中腹みたいな所(河岸段丘?)を緩いアップダウンを繰り返して進みます。
なので、眺めは良し!
DSC06561.jpg

東俣野の八坂神社。
DSC06567.jpg

この案内板のおかげで、鎌倉街道に沿って走っていることが確かめられました。
DSC06564.jpg

ランドマークもいつもと違った角度。
DSC06568.jpg

この辺りから、以前に歩いた箇所と交錯。
不思議なもので、一度歩いて見たことのある景色が出現してから、自分の進む道が混乱して迷走が始まりました。
GPSが「ルートから外れた」「ルートが見つかった」を何度も繰り返します。
その度に「ピロピロピロピ-」「ピーポロポロポロ」とやかましいったら・・・
GPSを止めて、勝手知ったる境川CRを走ろうかと何度か思ったことです。

そうこうしているうちに、相鉄線とブルーラインの橋げたが見えてきて、、、
DSC06571.jpg

下から覗いている富士山をパチリ。
DSC06572.jpg

この付近は、環4の裏道となっているらしき道を進みます。
間違えようのないわかりやすい道ですが、狭いのにひっきりなしに車が飛ばしているので、あまり走りたくない所です。

長屋門を見かけて脚を止め、
DSC06574.jpg

飯田神社前のバス停の佇まいにも惹かれました。
DSC06578.jpg
DSC06579.jpg

ここからは、車の往来が少ない地元の方の生活道然とした道を進みます。
(いちょう団地を挟んで境川の反対側)

相沢側沿いを進むと、、、
DSC06582.jpg

全通院付近で環4とぶつかり、ここからは正月に八福神巡りで歩いた瀬谷の古道を進みます。
DSC06585.jpg

かわいいロータリー!
DSC06588.jpg

河津桜はそろそろ見頃と思いますが、腹が減っていたせいか見つけられませんでした(笑)
DSC06590.jpg

お寺にしか見えませんが、、、
DSC06591.jpg

かつての銀行。
DSC06593.jpg

瀬谷柏尾線との分岐点。
地蔵尊が分岐する道路に挟まれて窮屈そうに残されています。
DSC06595.jpg

ここからは上瀬谷の広い農地を見ながらR16に出て帰路につきました。
50kmにも満たないポタですが、初めて通る道はやはり刺激になりますね~

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

GPSのコース機能を今後も使うかわかりませんが、取りあえずメモしておこう。
こうして書き留めておかないと、1週間後には忘却の彼方に消えてしまうこの頃です(;^_^A

★★★ EDGE500コース機能の使い方覚書 ★★★

準備の巻
1.ルートラボでコース作成
2.保存したルートをGPX形式でPCにダウンロード
3.GPSies.comサイト(convertタブ)でGPXファイルを「Garmin Cource TCX」に変換
4.Garmin Courceサイトにアップロード(右上のアップロード>手動アップロード)

・・・とここまで、金曜日の夜の準備を思い出しながら、実際に操作しているのですが、TCXファイルのアップロードが何故かエラーになって進まない・・・(-_-;ウーン

やっぱ自分はアルコールが入った方が、何事もパフォーマンスが高いらしいです(笑)

・・・・・・・・・・・
【2/21の走行記録】 (Bianchi)

概要
距離: 49.24 km
タイム: 2:23:34
平均ペース: 2:55 min/km
平均スピード: 20.6 km/h
高度上昇量: 290 m
カロリー: 0 C
平均気温: 2.8 °C

タイミング
タイム: 2:23:34
移動時間: 2:20:38
経過時間: 3:20:52
平均スピード: 20.6 km/h
平均移動速度: 21.0 km/h
最高スピード: 43.9 km/h
平均ペース: 2:55 min/km
平均移動ペース: 2:51 min/km
ベストペース: 1:22 min/km
スピードペース

高度
高度上昇量: 290 m
高度下降量: 312 m
最低高度: -16 m
最高高度: 58 m

心拍
平均心拍: 125 bpm
最高心拍: 183 bpm
平均心拍: 68 最大%
最高心拍: 99 最大%
平均心拍: 2.8 z
最高心拍: 5.9 z

ケイデンス
平均バイクケイデンス: 64 rpm
最高バイクケイデンス: 206 rpm

温度
平均気温: 2.8 °C
最低気温: 0.0 °C
最高気温: 10.0 °C

◆2015年の積算距離◆ 608.82km

極楽寺坂切り通し

2015.02.16(Mon)

先の日曜日の鎌倉散策の続編です。

美味しい昼食を食べた後は、次の目的地極楽寺坂へと向かいます。

大仏様を横目に見ながら(盗撮?)
DSC06348.jpg

県道が交わる長谷観音前交差点で見つけた橋に気をとられます。
DSC06353.jpg
DSC06352.jpg

紫陽花で有名な長谷寺は山門の外から拝見。
DSC06356.jpg

御霊神社の境内から、
DSC06358.jpg

雰囲気のある江ノ電の踏み切りを渡って、
DSC06364.jpg
DSC06360.jpg

力餅屋へ。
DSC06367.jpg

署名な神社仏閣の滞在時間よりも、食べ物屋さんで過ごす時間の方が長いんじゃあなかろうか・・・
DSC06370.jpg

力餅で力をつけてから、星の井通りを極楽寺に向かって西進します。
するとしばし、通りの名となっている星の井が。
鎌倉十井の一つ。
DSC06371.jpg

井戸には大きな蓋がされていて、中を覗うことが出来ません。
かつては旅人の喉を潤した井戸の水。
貴重な遺構ではありますが、ビジュアル的に興味が覚えられず、写真も撮り損ねてしまいました・・・
DSC06372.jpg

更にこの井戸がある虚空蔵堂(星井寺)も横目でチラ見しながら通り過ぎてしまいました。

お目当ての坂を目前に控えて、この時既に盲目状態だったか!

その坂が見えてきました。
DSC06374.jpg

鎌倉時代の初期に、稲村路と呼ばれた以前の磯伝いの道に代わって、極楽寺の忍性によって開削されたとのこと。

左手の成就院に登っていく石段が、かつての切り通しに近い勾配だそうです。
DSC06375.jpg

ちなみに車が通る現在の深~い切り通しの開削が完成したのは昭和元年。
DSC06376.jpg

煩悩の数と同じ108段の石段を登った先には、こんな綺麗な景色が待ってます。
DSC06380.jpg

成就院もまた紫陽花見学のメッカとのこと。
長谷寺とともに、6月にまた訪れたいものです。

これにて、鎌倉七口のうち五口を歩いたことになります。
残るは、巨福呂坂の旧道、そしておそらくは一番の大物と期待している名越です。

ここからは、極楽寺へ向かいます。

極楽寺と言うとこのドラマで注目されたようですが、、、
DSC06446.jpg

俺的には、もう断然「俺たちの朝」なのだ!


駅前はもちろん、、、
DSC06441.jpg

横に水道管が併設されている、赤い橋や、、、
DSC06391.jpg
DSC06428.jpg
DSC06415.jpg

このトンネルから江ノ電が出入りする光景が思い出されます。
DSC06400.jpg

不思議と、極楽寺のシーンは憶えていません。(あったのかな? いや、ないわけないか)
DSC06421.jpg

時間が予定よりも早かったので、ここからもう一駅、稲村ヶ崎まで足を延ばすことにしました。

江ノ電の線路沿いに歩いていきます。
DSC06450.jpg
DSC06460.jpg

鎌倉十橋の一つ、針磨橋。
DSC06462.jpg
DSC06465.jpg

川がどこからか突然現れます。
後から調べたところ、川は極楽寺川で、その昔針金を磨いて針を作る老婆が住んでいたのでこの名がついたと言われているそうだ。

なぜ、このおよそ目立たない小さな橋が、数多ある鎌倉の橋の中で十橋の一つに選ばれたのか?
そもそも、この地は極楽寺坂の外側。かつての「鎌倉」のエリア外ではないのか?
そして何より、上流はどこにいったのか?
謎は深まるばかりである。

電車が近い!
DSC06470.jpg

専用軌道ですが、線路と道路を隔てる柵がなく、かつての地方の中小私鉄の面影を残す区間ですね。
DSC06471.jpg

稲村ヶ崎駅まであと僅か。
DSC06473.jpg

駅の極楽寺側にある踏み切りの脇にあるお肉屋さんが、またいい味~(いやいや、お肉は食べていませんが)
DSC06483.jpg

駅に通じるこの線路沿いの小道は、「俺たちの朝」オープニングの自転車シーンで使われました。(ヌケとツナギの二人乗り)
DSC06502.jpg

稲村ヶ崎駅にとうちゃこ。
DSC06504.jpg

帰りは、江ノ電に乗って藤沢経由で帰宅しました。
DSC06511.jpg

たまに乗車すると、つい思う本音。
江ノ電って、走っている姿を見るのはとても楽しいけど、いざ乗車してみるとちょっと残念。
海が望めて車窓は絶好なのですが、いっつも混んでるんだよねえ~

Category: 散歩・ウォーキング| Tag: 鎌倉市

21:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

大仏坂切り通し

2015.02.16(Mon)

昨日の日曜日は、前回常盤近辺の散策で力尽きてしまって行き損なった大仏坂のリベンジです。

横浜駅で、東海道線下り電車を待つ間に東横線遺構を撮影。
DSC06232.jpg

そして、大船駅では踊り子109号を。
DSC06240.jpg

いよいよ一か月を切った3月14日のJRダイヤ改正は、

★北陸新幹線開通
★上野東京ライン開業
★北斗星、トワイライトエクスプレスの定期運行終了

等々と、大きな話題満載ですが、185系のあまぎ色も、、、
DSC06249.jpg

このダイヤ改正でなくなってしまうそうです。

大船からは、湘南モノレールで深沢へ。
DSC06259.jpg

モノレール、久しぶり~
DSC06260.jpg

湘南深沢駅で降車。
DSC06262.jpg

非日常の風景ですね~
DSC06265.jpg
DSC06267.jpg
DSC06268.jpg

モノレールの分岐。
DSC06269.jpg

ここからは、大仏坂を歩いて目指します。

大切岸?
DSC06278.jpg

濃過ぎる飯屋界隈。
DSC06279.jpg

ちっとも飽きない深沢地区を歩いて行くと、目指す「火の見下」のバス停にとうちゃこ。
DSC06282.jpg

県道から、こんな小道に入って行きます。
DSC06283.jpg

民家の裏手を、手書きの道標を頼りに進むと、、、
DSC06284.jpg
DSC06285.jpg

案内板
DSC06288.jpg

やぐら
DSC06290.jpg

そして置石。
いきなり濃いなあ~
DSC06300.jpg

ここからしばし、いい感じの整備された散策道が続きます。
DSC06307.jpg
DSC06309.jpg
DSC06320.jpg

そして県道に下りてきて、、、
DSC06331.jpg

長谷の裏手にある、一見するとちょっと入り辛いお店を訪れます。
DSC06336.jpg
DSC06340.jpg

お腹が一杯になったところで、前半戦終了です。

Category: 散歩・ウォーキング| Tag: 鎌倉市

20:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

新町検車区

2015.02.15(Sun)

今朝は、鎌倉への散策に備えて、ただでさえ早く帰宅しなければいけないところ、軽く寝坊&お腹の調子が悪くて、ただひたすらと家を目指すポタとなってしまいました。

それでも、昨日から運行が始まったKEIKYU LOVE TRAINが見れるんじゃないかと、新町で脚を止めました。
DSC06211.jpg

ラブトレどころか、、、
DSC06210.jpg

2000系自体、全然見当たらない・・・
DSC06214.jpg

行き当たりばったりで遭遇に期待するのは無理かも。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

今日のお供は、久しぶりのTOEI号。
DSC06221.jpg

地元の公園では、いよいよ梅が臨戦態勢となっていました。
DSC06217.jpg

・・・・・・・・・・・
【2/15の走行記録】 (TOEI)

概要
距離: 41.20 km
タイム: 2:11:55
平均ペース: 3:12 min/km
平均スピード: 18.7 km/h
高度上昇量: 206 m
カロリー: 584 C
平均気温: 1.1 °C

タイミング
タイム: 2:11:55
移動時間: 2:10:37
経過時間: 2:24:56
平均スピード: 18.7 km/h
平均移動速度: 18.9 km/h
最高スピード: 42.8 km/h
平均ペース: 3:12 min/km
平均移動ペース: 3:10 min/km
ベストペース: 1:24 min/km

高度
高度上昇量: 206 m
高度下降量: 216 m
最低高度: 10 m
最高高度: 82 m

心拍
平均心拍: 109 bpm
最高心拍: 147 bpm
平均心拍: 59 最大%
最高心拍: 79 最大%
平均心拍: 1.9 z
最高心拍: 3.9 z

温度
平均気温: 1.1 °C
最低気温: 0.0 °C
最高気温: 8.0 °C

◆2015年の積算距離◆ 559.58km

Category: ポタリング| Tag: TOEIトーエイ

17:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

赤鬼@横浜

Author:赤鬼@横浜
亥年 獅子座 B型
これといった資格、特技なし
煙草はやめられたのに、食べ過ぎがやめられない(^^ゞ

訪問者数

サブカテゴリ(タグ)


検索フォーム

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。