FC2ブログ

ALPS改造(プロローグ)

2017.11.15(Wed)

先日日曜日のこと。
ALPSを積んだ車を飛ばして厚木にGo!
20171112DSC07938.jpg

カーサイクリングではなく、、、
山音製輪所で、ALPS改造の相談です。
20171112DSC07937.jpg

本題が終わってから、厚木周辺のお勧めポタルートや、目をつけたキャンプ場の動向や、薪の入手箇所等、お話しを聞かせていただきました。

帰り際に、11月下旬にランドナー本(ムック?)が出るから是非どうぞと勧められました。
自転車関係の出版業界の冷え込みを心配されています。
そういえば、私もここしばらく自転車関係の本を買っていなかったなあ。。。

今回、ハートに火をつけたのも、以前に購入して読み返したこんな本。
20171115DSC07952.jpg

出版不況は自転車業界に限った話ではなく、雑誌の廃刊や書店の廃業は進む一方の印象です。
以前は毎日のように仕事帰りに立ち寄った少年時代以来のお付き合いだった地元の書店はとうになく、以前の愛読雑誌も随分と数が減りました。

でも、こうして書いていて気付いたのは、、、

馴染みの書店や雑誌がなくなった瞬間、私自身立ち会っていなかったこと・・・

帰り道にあった書店に立ち寄る機会はすっかりなくなっていたし(開店時間帯には帰宅できなかった頃ってこともあるけど)、一時は夢中になって購読していた雑誌もすっかり買わなくなっていた頃に廃刊を知りました。

こうした状況を嘆く立場ではなく、自分は加担した側だったんだと、今更ですが少々ショックを覚えました。

そうは言っても、ネットの方が桁違いに短い時間で確実に欲しい本を探して手に入るし、知りたい情報だってネットなら思いついた瞬間に検索可能な現実があります。

毎月、いつもの雑誌の販売日に書店にウキウキ足を運んだあんな時代は、少なくても私にはもう二度と帰ってこないような気がします。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

閑話休題

脱線しました(;^_^A

今回のALPS改造、当面尾坂さんのスケジュールが空いていなくて、3月に着手し4月の出来上がりになる見込み。
暖かくなってちょうどいい頃合いであります。

心配なのは、当て込んでいる冬のボーナスを来年春までとっておけるか^^;
スポンサーサイト



Category: 自転車| Tag: ALPSアルプス

21:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

Bianchi SL3 ALU/CARBON R3

2017.10.12(Thu)

MY2004のBianchiロードは、コンポーネント一式を交換していよいよ第3世代に進化しました。

作業完了の連絡をいただいて、山音製輪所に引き取りに行ったのが10月9日の体育の日のこと。
20171009DSC07719.jpg
20171009DSC07718.jpg

一見しただけではそれほど古さを感じないアルミフレーム(カーボンフォーク、カーボンバック)に、ピッカピカのアテナをまとったビ号が待っていました。
20171009DSC07731.jpg

尾坂さんから2点注意をいただきました。

・ディレーラーハンガーが内側に少し曲がっている。
20171009DSC07734.jpg

このため、変速に軽い影響あり。
ギアを上げていく方に合わせて調整すると、下げていく時に多少スムーズさが欠ける。逆も同様。
曲がりを矯正するのは怖い。
Bianchi用のハンガーを入手して交換した方がいい。

・クランクにねじ込むペダル軸の先に装着してあるケイデンス計測センサー用のマグネットが、クランク変更をしたためチェーンステーと干渉する。(Qファクターが小さくなった)
20171009DSC07733.jpg
20171009DSC07735.jpg
  
薄いマグネットに交換が必要。
これまでの10mm長のものから7mm長のものに交換しました。
20171009DSC07743.jpg

いつもの二六製作所に注文。
二六製作所は、たった一つの磁石の個人注文でも送料無料で対応していただけるとても良心的な会社です。
20171009DSC07740.jpg

問題はディレーラーハンガー。
Bianchi固有の形状のものを探さなければいけません。

現行モデルと互換性があるのか?
同じ形状を採用する他のメーカーが存在するのか?

全く知識がなくてわかりません。
Bianchiの直営ショップに持込むのが一番確実かな。

でも、これまでチェーン落ちが頻発して悩ましかったフロントに対して、リアの変速は全然気にならなかったので、当面このままでもいいかって気もします^^;

それにしても、この中空のパワートルククランク。
20171009DSC07722.jpg

メンテナンス性が悪く、一部からすこぶる評判が悪いです(笑)

山音製輪所

2017.10.01(Sun)

今日の午前中のこと。
Bianchiのコンポ交換のために、Bianchiとアテナのパーツ一式を携えて、厚木の山音製輪所を訪ねました。
20171001DSC07714.jpg

1年7ヶ月ぶり。
そう何度も話す機会があったわけでもないのに、まるで旧知の友に会うような感じがするのは、尾坂さんの人柄なんでしょうね。

フレームから自転車を作製されるこの工房に、パーツの交換ばかりを頼んでいて申し訳ない気持ちで一杯。

私の想い、
「最後の1台はこちらでお願いする予定です」
と伝えたところ、

「そう言われる方は、大体その後1~2台作っていただいています」
と切り返されました。

本当、おもろいなあ~

Bianchiの納期は2週間とのこと。
20171001DSC07715.jpg

アテナ11sで走るのが楽しみなのだあ!

アテナがやって来るハァ!ハァ!ハァ!

2017.09.30(Sat)

2015年でカタログ落ちしたカンパアテナの8点セットがやって来ました。

Campagnolo ATHENA Groupset
20170930DSC07692.jpg

2015年最終モデル。
2014年モデルがベースですが、クランクセット、エルゴパワー、キャリパーブレーキは2015年に更新されています。
カラーはシルバー。

一点の曇りもなく、私が欲しかったものが目の前に並びました。

クランクセット(170mm 50/34)
20170930DSC07680.jpg

スプロケット(11-25) ※コーラスグレード
20170930DSC07675.jpg

フロントディレイラー(直付)
20170930DSC07682.jpg

リアディレイラー
20170930DSC07684.jpg

エルゴパワー
20170930DSC07678.jpg

キャリパーブレーキ ※グレード外
20170930DSC07686.jpg

パワートルク BBカップ(BSA)
20170930DSC07689.jpg

チェーン ※コーラスグレード
20170930DSC07691.jpg

明日、早速いつもの工房に持ち込んでコンポの交換を依頼してきます。

今回の件で最初に訪れたショップは、いろいろ助言をいただきましたが、結局仕事を頼まずに申し訳なかったと思っています。

何故ここに頼まなかったか?

ここの店長は、私が期待するショップの店長とちょっと違いました。
そして、きっと私も、この店長が期待する客とは違っていたと思います。

一言で言えば、相性が合わなかったということでしょう。

Bianchiの行く末

2017.09.22(Fri)

さあ、どうするBianchi号。

新車買い替えはなし。そもそも先立つものがありません。

と言って、ロードとお別れするのは、自分の人生の勢いまで止めてしまいそうな気がするので、これもやめ。

そこで、消去法ではありますが、コンポを載せ替えて様子を見ることにしました。

聞けば、スチールやカーボンのように粘ることなくポッキリ逝っちゃうと言われるアルミであっても、フレームの破断は、前触れなくある日いきなり真っ二つにポッキリ折れるようなことはそうそうはなく、最初に異音、塗装の浮き・ひび割れ、そして体で感じる違和感などのシグナルがあるとのこと。

日頃注意さえしていれば、深刻な事故の心配はそれほどいらないようなので、まあいいかと・・・
本当にいいのかな(;^_^A

応力のかかる箇所(ダウンチューブの裏側とかチューブ集合部等)は、小まめなクリーニングを欠かさずに行ってチェックしないといけませんね。
少なくとも、今現在は異常が見当たらないことを確認済み。

そして今のフレームにいよいよ寿命が来たら、、、

今回買い換えるコンポを使って、あの工房で「最後の1台」を作ることにします。

o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三 o孕o三

さて、載せ替えるコンポです。

最初は、装い新たに今年復活したケンタでいくつもりでしたが、嗚呼なんと、クランクが4アームになってしまいました。
※画像はカンパニョーロ公式サイトより借用(以下同)
7386_n_Centaur_n.jpg
チェーンリングは自転車の顔。
個人的に、シマノライクなこの顔はどうしても好きになれません。

それでは、ベローチェはどうだろう?
2742_z_crankset-veloce-blk-slv-groupset.png
現行モデル唯一の5アームでシルバーカラーのあるクランクセットになります。

ところが、残念なことに、ベローチェは今でも10sなんですね。
これからロードのコンポを交換するのに、10sっていうのはかなり残念であります。

我ながらわがままですが、古き良きビジュアルと新しいメカニックの両方を兼ね備えたパーツが欲しいのだ!

そうなると、2015年に廃版となったアテネの選択肢しかありません。(多分)
メーカー、代理店、ショップから新品は既に姿を消していますが、今はネットオークションという便利なものがあります。
モデル末期の頃の安売りには及ばないものの、新古品として適正な価格のコンポ一式を入手することが出来ました。

では、私が選んだアテナのプロフィールをご紹介します。

■クランクセット(チェーンリング)
53-39と50-34の2種がありますが、ここは当然後者です。(絶対条件)
クランク長は、これまでのケンタ同様に170mm。(絶対条件)
材質は、アルミとカーボンが用意されていますが、もちろんピッカピカのアルミです。(ほぼ絶対条件)

■スプロケ
アテナ独自のスプロケはなく、コンポにはコーラスのスプロケが付属します。
歯数は以下の4種あり。

・11-23 11-12-13-14-15-16-17-18-19----21----23
・11-25 11-12-13-14-15-16-17----19----21----23----25
・12-25 12-13-14-15-16-17-18-19----21----23----25
・12-27 12-13-14-15-16-17----19----21----23----25----27

選んだのは無難な11-25です。
最初、ふらふらと12-27にいきそうになりましたが、さすがに50-34との組み合わせはないだろうと思い止まりました。

「前50に12Tじゃあ、下りで踏めないからね・・・ふっ」

ってことにしておいてください(笑)

(現物が届いたら、多分続く)

プロフィール

赤鬼@横浜

Author:赤鬼@横浜
亥年 獅子座 B型
これといった資格、特技なし
煙草はやめられたのに、食べ過ぎがやめられない(^^ゞ

訪問者数

サブカテゴリ(タグ)


検索フォーム

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
↑